CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
非戦
非戦 (JUGEMレビュー »)
坂本龍一, sustainability for peace
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
猫をだまし取った男_詐欺罪認定!
猫虐待で有罪判決、異例の詐欺罪認定/横浜地裁川崎支部 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120524-00000001-kana-l14  “里親”としての飼育を装いながら、譲り受けた猫を虐待して殺傷したとして、動物愛護法違反と詐欺の罪に問われた川崎市多摩区、無職廣瀬勝海被告(45)の判決公判で、横浜地裁川崎支部(駒井雅之裁判官)は23日、懲役3年、執行猶予5年(求刑懲役3年)を言い渡した。動物虐待事件で詐欺罪の認定は異例。  駒井裁判官は、同被告が虐待目的を隠して、愛護活動に従事していたボランティアから猫をだまし取っていたと指摘。「一生かわいがるなどと言葉巧みにうそを告げて誓約書を差し入れるなど、狡猾(こうかつ)な手口」と述べた。  さらに、「頭部を踏みつけるなどして殺傷した態様は、まことに残虐で悪質極まりない」と非難。「被害者は被告の意図を見抜くことができず悔いており、精神的苦痛は計り知れない」と量刑理由を述べた。  一方で、「そううつ病が影響していたことも否定できない」などとして、執行猶予が相当とした。  判決によると、同被告は昨年11月、3回にわたり計5匹の猫をだまし取り、当時住んでいた同市麻生区のアパートなどで3匹を殺害、2匹を傷つけたとしている。
| 動物関連事件 | 03:32 | comments(1) | trackbacks(1) |
里親詐欺
JUGEMテーマ:ペット


今まで詐欺罪がなかなか適用されずに、本当に悔しい想いをした方がたくさんいます。

これが前例となり、猫好きを偽り譲りうけ虐待してしまうようなことが減って欲しいと願うばかりです。

東京新聞 2012年2月20日 12時20分
猫虐待に詐欺罪適用 愛護家、警察・検察が連携
http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2012022090122009.html
 インターネット経由で譲り受けた猫を殺傷したとして、川崎市麻生区の男が動物愛護法違反の罪で起訴された事件。「大事にする」と元の飼い主をだましたとして、詐欺罪でも起訴されている。この種の事件での詐欺罪適用は珍しく、県内では初。「なぜ適用したのか?」を探ってみると、動物愛護家たちと警察・検察の連携が浮かび上がってくる。 (渡部穣)
 起訴されたのは広瀬勝海被告(45)。事件発覚のきっかけは、広瀬被告が昨年十一月、猫を譲渡した元の飼い主の女性(52)に送り付けた一通のメールだった。「いたずらが過ぎるので、生きたまま川に投げた。今ごろもがいて溺死しているでしょう」などの内容だった。
 驚いた女性が翌日、麻生署と同区役所に通報。広瀬被告のアパートに行ったところ、二階に続く階段に血だまりがあり、近くの木の下に猫二匹の死骸があった。ただ二匹とも見覚えがない猫で、区役所は持ち主判明まで冷凍保存する措置を取った。
 この時点では川に投げたとされる猫は死骸がなく、事件の立件は難しかった。しかし、以前、被告と同じ名前の男に猫を虐待されたという被害届が出ていたことを同署員が思い出し、二匹の猫を傷つけた容疑で逮捕するところから捜査が始まった。
 後日、女性を含め、インターネットで連絡を取り合った動物愛護家五人が、広瀬被告宅に近い鶴見川で猫の死骸を発見。さらに冷凍保存された二匹の猫の元飼い主も探し当てた。死骸と容疑が結び付き、次々と再逮捕された。
 事件はここで終結するかに見えた。ところが、動物愛護団体の人たちが中心となり、広瀬被告に厳罰を求める署名を横浜地検川崎支部に提出。署名は全国から三千筆以上に上った。動物愛護法違反だけでは軽すぎると、詐欺罪の適用も申し入れた。
 「詐欺罪適用は無理」と冷ややかだった検察庁も、署名の多さなどで態度を急変。「社会的な反響が大きい」と、詐欺罪での起訴を決めた。
 横浜地裁川崎支部での初公判(十五日)で検察側が開示した広瀬被告の供述内容は、耳を疑いたくなるようなものだった。「最初は風呂の水の中に沈めた猫が苦しむ姿を見て征服欲が満たされ、虐待するようになった」「首を絞め、死にそうになると緩め、苦しむ姿を見てほくそ笑んだ」「危険を察知した猫が威嚇的な態度を取ると、壁などにたたきつけ、頭を足でつぶした」−などなど。
 供述は、逮捕直前ごろは殺すためだけに猫を物色していたことをうかがわせており、検察側は、離婚した広瀬被告のストレス発散のためだったとしている。一方、弁護側は供述の信用性を、一部争う構えだ。
 死骸が見つかるなど立件に至ったのは五匹だが、広瀬被告は「十匹以上の猫をもらった」と供述しており、動物愛護団体は広瀬被告に渡った猫を二十匹以上把握している。
 猫を譲った人に共通なのは「広瀬被告が猫好きに見えた」という点だ。「大切に育てる」という誓約書への署名も、広瀬被告自ら申し出たという話もある。検察が詐欺罪適用に踏み切ったのも、誓約書の存在が大きかった。動物愛護家が連携して“捜査”し、警察・検察が動いたことの影響は小さくない。
 愛護家たちはホームページ(HP)を立ち上げ、連携を強めている。
HP=http://nijinyanko.homepagelife.jp/ またはhttp://www.starry-heavenscats.jp/
| 動物関連事件 | 19:34 | comments(0) | trackbacks(0) |
東北地方太平洋沖地震の動物救援のための義援金
http://www.jspca.or.jp/

動物愛護協会が対策本部を作りはじめました。
動物愛護協会は歴史もある団体で、私も3年程コラムを書かせて頂いています。

皆さんのご協力をお願いします。

=============
以下HPから

東北地方太平洋沖地震の動物救援のための義援金を募集しております。 2010年 03月 14日
 今般の東北地方太平洋沖地震における被災地救援活動の一環として動物を救済すべく、緊急災害時動物救援本部(平成8年の阪神大震災を契機に政府の仲介で設立)では、東北地方太平洋沖地震の被災動物への支援をしております。詳しくは、下記の1.2をご確認下さい。


--------------------------------------------------------------------------------






1.東北地方太平洋沖地震の被災動物への支援内容
・救援物資の搬送
・資金援助
・その他、現地の要望に応じて行います。

2.義援金の募集
 上記1のとおり、東北地方太平洋沖地震の被災動物やその飼育者の支援を行うため、活動資金の募集をしております。振込先口座は、下記のとおりです。
 ご協力お願い申し上げます。


みずほ信託銀行 渋谷支店(店番号022)
※みずほ銀行ではございません。
普通預金 4335112
口座名 緊急災害時動物救援本部
(キンキュウサイガイジドウブツキュウエンホンブ)


動物救援を行うため、皆様よりの義援金をお寄せいただきたく、ご協力下さいますようお願い申し上げます。


--------------------------------------------------------------------------------

(お問い合わせ先)緊急災害時動物救援本部
(事務局:財団法人日本動物愛護協会)
〒107-0062 東京都港区南青山7-8-1
南青山ファーストビル6階
電話 03(3409)1821 ファクス 03(3409)1868


--------------------------------------------------------------------------------

緊急災害時動物救援本部の構成団体
・財団法人 日本動物愛護協会
・社団法人 日本動物福祉協会
・公益社団法人 日本愛玩動物協会
・社団法人 日本獣医師会

--------------------------------------------------------------------------------

緊急災害時動物救援本部の主な活動内容
・被災動物の救護等のための人材派遣・物資提供・資金供与
・救護活動を円滑に実施するため、政府・都道府県等の関係行政機関との連携
・緊急災害発生時の効率的な救護活動のための予防措置


=====こちらは オマケです===
是非 読んでください
http://prayforjapan.jp/tweet.html
| 動物関連事件 | 15:25 | comments(0) | trackbacks(0) |
茨城のブリーダーの件_その後
以前のブログに書いた茨城のブリーダーですが
逮捕になりましたね

==============
犬猫放置の疑い、元ブリーダーら逮捕 茨城
産経新聞 9月2日(木)7時59分配信

 飼育する犬の健康管理を怠ったなどとして、牛久署は1日、阿見町の元ブリーダーの夫婦=ともに(75)=と無職の長男(39)の3人を動物愛護法違反と狂犬病予防法違反の疑いで水戸地検土浦支部に書類送検した。同署によると、動物取扱業者に対する動物虐待事件での摘発は県内初。

 同署の調べによると、夫は犬38匹の登録を同町に申請せず、33匹の犬に課された年1回の狂犬病予防注射を受けさせなかった疑いが持たれている。また、妻は管理する犬64匹を昨年8月20日ごろ〜今年2月2日、健康管理をせずに放置した疑いが、長男には子猫を放置し死亡させた疑いが持たれている。夫婦は容疑を認めているが、長男は「(子猫は)死産だった」と容疑を否認している。

 同署によると、夫婦は10年以上自宅脇の敷地でトイプードルやチワワなどを飼育、平成18年の動物愛護法改正施行時にもブリーダーとして登録していた。同署は告発を受けて捜査を開始、動機などについても調べている。 最終更新:9月2日(木)7時59分

====================


こうした動きになるまで、その陰に一生懸命動いてくれていた人たちがいます。
http://kazurinn.jugem.jp/?eid=1087
| 動物関連事件 | 21:21 | comments(2) | trackbacks(0) |
米下院、「動物虐待ビデオ」禁止法案を可決
朗報です
日本も来年の動物愛護法改正でこういった法律ができますように。

【7月22日 AFP】米下院は21日、動物を虐待する様子を収めたいわゆる「クラッシュビデオ」の制作、販売、所持を禁じる法案を賛成416票、反対3票の圧倒的多数で可決した。違反者には最大で5年の禁固刑が科される。

 連邦最高裁が4月、1999年に成立した同様の法律は禁止する範囲が広すぎ、合衆国政府が言論および報道・出版の自由を制限することを禁じた米国憲法第1修正に抵触するとの判断を下したため、下院で共和党のエルトン・ギャレグリー(Elton Gallegly)議員が提出した新法案を審議していた。可決を受け、法案は上院に送られる。

 可決された法案は、規制対象のビデオを「1匹または複数の生きている動物を、故意に、押しつぶす、火で焼く、溺れさせる、窒息させる、先のとがったものを突き刺す様子を撮影したもの」と定義している。狩猟や動物の捕獲、つりなどの映像や、獣医学や畜産に関するものは適用外とされた。(c)AFP
http://www.afpbb.com/article/politics/2742310/5996849
| 動物関連事件 | 05:37 | comments(5) | trackbacks(0) |
茨城のブリーダーの件
以前にも書いた茨城のブリーダーの件ですが
その後の経過です・・・

来年 動物愛護法の法改正が言われております。
現状では行政の担当の人の対応如何によって動物の命が大きく変わってきてしまいます。
こういった悪徳ブリーダーに対して
ちゃんと犬猫たちを保護できる法律が必要です。

この一件はそれをヒシヒシと実感させられます。

--お金儲けのために道具にしていい命なんてこの世には一つもないはず--

それがこの日本では行われています。
見てみないふりをするのは、それに賛同してしまっているということです。

まず こちらをご覧ください。
http://kazurinn.jugem.jp/?cid=12

こちらの画像もご覧ください。
http://ameblo.jp/yukari-1222/entry-10539638506.html

そして、糞尿遺体にまみれた環境に置かれたのがあなただったら・・・と考えてみてください。
| 動物関連事件 | 06:46 | comments(1) | trackbacks(0) |
世田谷猫虐待事件_ソラちゃんに合掌

おはようございます。

と朝から憂鬱な記事なのですが、写真を見て胸がえぐられるような気持ちでした。
目撃者情報を募集していらっしゃいます。

是非 広めてもらえますか?
広めることによって虐待犯も動きにくくなります。
こういうことが起こることがあると知ることで、人は今まで見逃していたものにも注意がいくようになります。

どうか、どうかお願いします。

http://yukimomoko.exblog.jp/i59/

ソラちゃんのご冥福を祈ります・・・
| 動物関連事件 | 06:34 | comments(1) | trackbacks(0) |
世田谷猫虐待事件_情報提供者求む!!
世田谷で昨年から猫虐待事件が相次いでいます。
昨年の事件
今年になってからも同様の手口で猫たちが犠牲となっています。
犯人はまだ捕まっていません。

情報を求めています。

是非 皆さん リンクして広めてください。

http://nekogyakutaisos.jakou.com/index.htm

| 動物関連事件 | 18:35 | comments(3) | trackbacks(0) |
「伴侶動物死体遺棄、被害者の会」_遺骨・遺品回収協力のお願い
サイトの掲示板へ さくらさんが書いてくれた情報です
ブログなどをお持ちの方 広めていただけますか?


==============
現場にはまだまだ沢山の遺骨や遺留品が残されています。

ぜひ遺骨・遺留品回収のご協力をお願いします。

回収日はGW中(2日、3日、4日予定)

時間は11時〜12時に開始(約2時間)

詳しくは「伴侶動物死体遺棄、被害者の会」 ブログをご覧下さい。

http://fblg.jp/inochi/
| 動物関連事件 | 18:01 | comments(0) | trackbacks(0) |
あなたが一生檻の中だったら?_ 悪徳ブリーダー
茨城のブリーダーをたくさんの写真と記事にしている方のブログを見つけました。
http://kazurinn.jugem.jp/?eid=939

ちょ・・・・・・
声になりません。

なんのために生まれたの?
と言いたくなる光景です。

これに対して行政からの勧告はないのでしょうか?

来年 動物愛護法の再改正が行われます。
色んなところで 法整備についての話しあいや、署名がおこなわれ始めています。

蛇口をしめないことには、いくら助けても助けてもこういった可哀そうな命が少なくなることはありません。

繁殖業者や動物取扱業者に対して細かな規定、罰則、抜き打ちの検査等が行なわれるようにならなくては お金儲けのために動物を商品として扱う人が減ることはありません。

●茨城県への提案・意見
電話 029-301-2147
相談用電子メールアドレス email@pref.ibaraki.lg.jp

●総務部人事課
電話:029−301−2263
FAX:029−301−2289
E-mail:jinji@pref.ibaraki.lg.jp

↑の連絡先は
こちらのブログから 参照させて頂きました。
つれづれえのきのこ

===後日談====
茨城 ブリーダーで検索していたらこんな件もあったんですね

http://wanwannyan.blog68.fc2.com/blog-entry-785.html

http://blog.livedoor.jp/satooya300/archives/cat_50045969.html

なぜ 行政からの積極的な指導がないのでしょうか?

| 動物関連事件 | 09:34 | comments(4) | trackbacks(0) |
| 1/9PAGES | >>