CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
非戦
非戦 (JUGEMレビュー »)
坂本龍一, sustainability for peace
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
拡散希望 
まだ こんな悲惨な動物虐待が行われているとは、、、

厳罰のお願い署名をどなたかが立ち上げてくださっています。
拡散お願いします。

猫に熱湯をかけ、バーナーで焼くなどして虐待死させた、大矢誠容疑者を懲役刑に!

署名オンライサイト

JUGEMテーマ:ニュース


| 緊急SOS | 06:34 | comments(0) | trackbacks(0) |
犬猫救済の輪ブログから転載
皆さんのご協力をお願いします。

http://banbihouse.blog69.fc2.com/blog-date-20110415.html

久しぶりに犬猫救済の輪さんのブログを拝見して
驚愕しました。
想像してはいたものの、想像を超えた地獄があることを思い知らされました。

飼い犬飼い猫を探されている被災者の方のお気持ちを考えると・・
そして ボランティアで出向かれ救済に当たってくださっている方々のご苦労に感謝の意でいっぱいです。

一人でも多くの人が、一匹でも多くの命が助かることを祈るばかりの日々です。
| 緊急SOS | 02:15 | comments(4) | trackbacks(0) |
シンポジウム【集合住宅のペット問題】
本館掲示板の方にちびらさんから 書き込みがありました。
転載させていただきます

===================

ご参加のお願い!!

≪皆様のご来場により、ペット禁止条例が回避できます!≫

シンポジウム【集合住宅のペット問題】

【日時】2009年8月1日(土) 12時半開場 13時〜16時

【場所】尼崎市総合文化センター2F アルカイックホール・ミニ
兵庫県尼崎市昭和通2-7-16
・阪神尼崎駅より徒歩5分
・JR尼崎駅よりバス10分 文化センター前下車徒歩1分

【主催】迷惑をかけないペットの飼い方を推進する会
    ホームレス猫不妊運動ネットワーク

【問合せ】TEL 06-4960-2220

【HP】http://westwind77.web.fc2.com/shinpo.htm

 昨年より、静岡県の伊東市や北海道の三笠市などの自治体が
市営(公営)住宅のペット飼育者に対し手放すか」「退去するか」の
二者択一を強行する問題が、マスコミなどを通じ伝わってきています。

そして、このたび兵庫県尼崎市でも「市営住宅におけるペット禁止条例」
が市議会に提出され審議されるみこみです。
それにともない、住民に対してはお決まりの「ペットを手放すか退去するか」
という文書が配布されています。

日本全国で3世帯に1世帯はペットを飼っているというデータがあるほど、
たくさんの方がペットと暮らすようになり、たんなるペットではなく
家族の一員という位置づけでともに生活をしています。

そんな中、集合住宅におけるごく一部の迷惑な飼い主のために、
すべての人がペットと暮らす権利を奪われるようなことを、
市民の幸せな生活を守るはずの自治体が推進していいはずがありません。

一律禁止ではなく、ペット飼養のガイドラインを整えた上で
迷惑な飼い方をなくしていく方法が、より現実的です。

当日は、条例制定に関わる市会議員の方も多数来場されます。

この問題に多くの市民が注目し、「一律ペット禁止」という
時代に逆行した条例の制定に異議を唱えているという事を、
議員の方々に理解して頂くには、
上記趣旨にご賛同頂ける多くの皆様のご来場が必要です。

*このシンポジウムは、尼崎の条例制定のみならず、全国で同様の
問題を抱えている自治体にむけての、解決策発信の場でもあります。
当日は、マスコミ各社の取材も予定しています。

<転載フリー>
*ブログやHPをお持ちの方は、転載のご協力をお願い致します。
| 緊急SOS | 17:32 | comments(2) | trackbacks(0) |
動物虐待事件_敷地内で大型犬が刺殺
このブログを書いている時に 右側に表示されるRSSのリンクのタイトルに
「ももが殺されました」
とありました。え?と思ってクリックしたところ
http://zin.269g.net/article/13603307.html
敷地内で大型犬が刺殺された・・・・

殺されてしまったももちゃんの無念の気持ちもさることながら、
敷地内へ 進入し大型犬を刺殺したというところに
残虐性や 危険性と強く感じ、驚愕しました。

敷地内へ進入した上での刺殺というのは、衝動的というよりも明らかに計画的な犯行の匂いがしますし、動物愛護の観点からだけではなく、こういったことができる犯人が野放しになっていることは地域の安全性にも支障をきたすことになると想像します。

地方ということで、「犬だから・・・」で終わってしまいそうな事件です。
どうか 皆さん 一緒に声を届けて捜査再開をお願いしませんか?

愛媛県新居浜市長への直行便メール


新居浜市防犯安全課
FAX:
0897-65-1216
bousai@city.niihama.ehime.jp

愛媛県警察本部
https://www.police.pref.ehime.jp/sodan/ikennyoubou.htm

新居浜市警察署

まだご覧になっていない方は是非ごらんください

動物への暴力と人間への暴力の関連性
| 緊急SOS | 07:19 | comments(6) | trackbacks(0) |
マイケルだっておうちが欲しい
マイケル君 おうちが欲しいそうです。
それも 東京近郊に・・・・


目がパッチリとしてハンサムでなつっこいマイケル君
緊急里親募集中です。


ただいま 病院でのケージ生活なようで、保護主さんの金銭的負担、当のマイケル君のストレスも心配されます。

どうぞ こちらをご覧ください
http://nekosos.fc2web.com/nekokomachi.htm
| 緊急SOS | 11:19 | comments(0) | trackbacks(0) |
犬たち40匹のSOS From 兵庫
花子さんからの情報です

===========================

兵庫県小野市で保護されていた40匹の犬達が
9月いっぱいで居場所を失う事になってしまい
新しく家族に迎えて下さる方はもちろん、
一時預かりして下さる方を探しています

犬達の画像
何故そんな事になってしまったのかという経緯はこちらを


なお、チェーンメール化して犬達を救おうとしている方達の活動に支障をきたす恐れがありますので、
メールでのこのSOS発信情報を回す事はお止め下さるようにお願い致します
| 緊急SOS | 20:19 | comments(2) | trackbacks(0) |
緊急SOS
こちらも掲示板からの転載です
是非 ご覧ください

---------------------------------------------------------------------
日時:7/11(金) 10:11:29
番号:20080711101129
なまえ:花子
タイトル:こちらも緊急のお願いです
---------------------------------------------------------------------
たびたび申し訳ありません。
こちらもご協力のお願いです。
各方面への要望の送付にご協力をお願いします。

以下抜粋

*****

http://www.h6.dion.ne.jp/~ndn/ 現場の悲惨な状態

【緊急のお願い】

世話をしないのに、ごみ収集のように動物を集めて死なせてしまう
所謂「アニマル・ホーダー」の一人の男が「飼い主」という権利を認められ
日本の法律に守られて叉、可哀想な動物を集めようとしています。

詳細はHPをご覧下さい。
正視できない悲惨な場面があるので覚悟してみて欲しいのです。

新潟動物ネットワーク(NDN)という民間の動物愛護団体が6年に渡り、
この男と戦いついに男を土地から追い出し(表現が悪いのですが…)NDNが
飼い主になるということにな、その日が7月3日だったのですが

その前の日の夜に動物たちは全て別の場所に男によって移動させられました。

犬と鶏は近隣の何も知らない農家の休耕田に男が嘘をついて(家を建てるので 2ヶ月間だけ土地を貸して欲しいと言ったそうです。)連れて行きました。

猫と1頭の犬だけは移動先が依然として不明のままです。

今までのことを考えるとどのような仕打ちにあっているか…想像すると胸が苦しくなります。

そし動物のいなくなった現場は膨大なゴミの山と20体以上もの犬猫の遺体が見付かりました。

犬は写真のように広場に繋がれ雨に打たれ炎天下にさらされ…

それでも行政は「飼い主」に拘り…飼い主と公言する男が夜、現場に行って世話をするので
(世話なんかしていないんです…水もあげていない)
男が飼い主だと主張して

炎天下に犬が苦しんでいるのにNDNが幾ら抗議しても
助けることが出来ず、会員達は現場に来た保健所の職員に詰め寄ったのですが そのうち犬が数頭、倒れて息も苦しそうで、それを見てやっと動かしても良いということになったそうです。

午前中に3匹が具合が悪くなり、病院に搬送。
1匹は「熱中症」と診断され、「あと1時間遅かったら死んでいた」と先生に言われたそうです。

「この炎天下に放置しておく行為自体が虐待!」といくら叫んでも、
残念ながら現在の法律では、虐待とはみなされないそうです。
「虐待」と見なすには、相当な犠牲と時間がかかるとの事。

こんな環境においておいた飼い主であっても「権利放棄」をしない限りはその人の「所有」。
「返せ!」と言われれば、返さざるを得ないのだそうです。

多頭現場では以前より、この「所有」というのがキーワードで、
「男の所有物」である以上、動物達を自由に検診・譲渡することができませんでした。

「所有をNDNへ!」ということを目指し、1年前から弁護士さんと共に準備をし、
土地の権利の移譲の裁判、強制執行の準備や段取りをしてきました。

今回の、強制執行にあたって、
「動物を連れて行かれる事は想定していなかったのか!?」等、
ご批判があるとのこと。

現在、現場での犬の衰弱が激しいことから、4匹をNDNとして
緊急に動物病院に搬送しました。そのうち3匹は、
状態は安定しているものの週末は動物病院に預かりです。

◎犬は3匹が体調を崩し入院中、月曜日に退院予定。
◎5匹は当初予定していたNDN一時保護者さんに預かり
◎1匹は行方不明(死亡?)
◎9匹が新潟市保健所保護
◎8匹が県央動物保護管理センター保護
◎にわとりは新潟市保健所が保護

当該男性と保健所との話し合いの結果、
「権利放棄ではなく新しい飼養先が決まるまで行政が保管する」
ことが決まりました。
つまり、現時点では動物たちは この男性の所有物ということです。

現在、NDNが保護している5匹の子たちも同じです。
ひとまず、1週間の期限を決めたそうです。

あまりの無力感で言葉もありません。

法律の壁が大きく立ちはだかっており、
行政としても、これ以上のことはできないそうで
すでに今日のレスキュー自体が法律上は越権行為、だそうです。

そして
保健所は「返還」の方向で動いています。
今週11日(金)には、男とコンタクトをとるらしいです。

現在、男はN地よりさらに山の方?に
「新たな多頭飼育現場」を見つけ、
準備を進めているそうです(あくまでも情報ですが)。

このままでは、男のもとへ犬達が戻されてしまいます。

★どうか、この「返還」を阻止すべく、皆様の各方面への要望の送付、
ご協力をお願いします。

今までずっと劣悪な環境下で動物を80匹近く飼育し、
登録も狂犬病予防接種もしていず、過去の行政の指導も全く聞き入れるどころか、
職員に水をかけたり、棒を振り回すような劣悪な多頭飼育者には
絶対に犬達を返さないでください! と。

炎天下にさらされて死にそうになっている犬達をせっかくレスキューしたのだから、
再び犬達が不幸になるような行為は絶対にしないでください! と。

新潟県知事への手紙 

新潟市長への手紙 
秋葉区長への手紙 

手紙ではなくFAXも利用できますので宜しくお願いいたします。

知事ファックス番号:025-280-5049

新潟市 政策企画部 広聴課 ファックス番号:025-223-8775

手紙の内容をなんとか書きましたので参考にして下さい。
皆様、宜しくお願いいたします。


http://www.h6.dion.ne.jp/~ndn/ 

どうか↑HPを見て下さい。
今までずっと劣悪な環境下で動物を80匹近く飼育し、
登録も狂犬病予防接種もしていず、過去の行政の指導も全く聞き入れるどころか、
職員に水をかけたり、棒を振り回すような劣悪な多頭飼育者には
絶対に犬達を返さないでください! 

このような男でも法律は「飼い主」として動物を返還するようにと
言ってきます!!
この男の行ないは「飼い主」どころか動物を集めて餌や水を与えず
狭いところに押し込め悪戯に動物を苦しめています。
真綿で首を絞めるような行ないです!!

それなのに保健所は「返還」の方向で動いています。
今週11日(金)には、男とコンタクトをとるらしいです。

現在、男はN地よりさらに山の方?に
「新たな多頭飼育現場」を見つけ、
準備を進めているという情報もあります。

このままでは、男のもとへ犬達が戻されてしまいます。

炎天下にさらされて死にそうになっている犬達をやっと
レスキューしたんです。
再び犬達が不幸になるような行為は絶対にさせないでください! 
叉、行方不明の猫と犬もどのような状況にあるか本当に不安です!!
どうか○長さまのお力をお貸せくださいませ。
宜しくお願いいたします。
---------------------------------------------------------------------
| 緊急SOS | 15:59 | comments(0) | trackbacks(0) |
【 警備員による "猫" 踏み潰し殺害!】兵庫県 尼崎市
掲示板からの転載です

---------------------------------------------------------------------
日時:7/11(金) 09:49:28
番号:20080711094928
なまえ:花子
タイトル:
【 警備員による "猫" 踏み潰し殺害!】兵庫県 尼崎市 厳罰を求める署名のお願い
---------------------------------------------------------------------
以下コピペになります。ご協力をお願い致します。
ただ、転載歓迎との事ですが
くれぐれもチェーンメールにはならないようにお気をつけ下さい。
(画像は嘆願書のサンプルだそうです)

****

【転載歓迎!】宜しくお願いします。
http://ww3.tiki.ne.jp/~momo/nekofumikoroshi/index.html


 ★ 緊急のお知らせとお願いです! ★

 ご存知ですか? 信じられますか? 

【 警備員による "猫" 踏み潰し殺害!】兵庫県 尼崎市

 ※ 嘆願書へご署名をお願い致します!


体長30センチの猫を、殺意無しに一撃で踏み潰して殺せるでしょうか?

警備員(ガードマン)の靴の先から頭が、踵から尻尾が出ていたそうです。

その「踏み潰しの瞬間」を、犬と散歩中の主婦が目撃しました。

主婦は現場から警察に通報し、警察は現場の生々しい写真を撮り、双方から事情聴取をしました。

しかしこのままでは、「誤って踏んでしまった」という警備員の主張が通って、不問にされかねません。

この警備員の所為は、明らかに動物愛護管理法違反(法44条1項。愛護動物をみだりに殺す罪)に該当する犯罪です。

この惨状を目撃した主婦は、今も猫の姿が脳裏を離れず、助けてやれなかった自分を責め、勇敢にも告発に踏み切る決意をしたのです。

主婦は普通の、善良な一般市民に過ぎません。

私達は主婦を支援し、この行為を許さぬ意思を表明するために、厳罰に処することを求める嘆願書を検察庁へ提出することに致しました。

ぜひ皆様のお力添えをお願い致します。

ご賛同下さる方は、嘆願書へご署名を、宜しくお願い致します。

下記の専用「署名用紙」をダウンロードならびにプリントアウトして下さい。
(もちろん独自の自作嘆願書でも結構です。)

そして「氏名」「住所」ならびに「捺印」をして頂いたら
「神戸地方検察庁 尼崎支部」へ郵送して下さい。


署名用紙(PDFデータ)のダウンロードをお願いします。
 Click!↓ Click!↓


送り先:〒661-0026
    尼崎市水堂町3丁目2番28号
    神戸地方検察庁 尼崎支部御中



検察庁へ届ける嘆願書本文

「猫踏み殺し事件」について厳正かつ適切な裁定を求める嘆願書

兵庫県尼崎市田能5丁目11番1号所在の猪名川浄水場敷地内において、同浄水場勤務警備員が猫を踏み潰し殺したとして、平成20年4月10日、「動物の愛護及び管理に関する法律」第44条1項違反により書類送検された件につきまして、同警備員に対し厳正、公正かつ適切なご判断をいだたくよう本書状をもって嘆願致します。
同浄水場に隣接する農業公園には、人に捨てられた数頭の猫達が以前より暮らしておりました。散歩に訪れる周辺住民などが、食料を与えたり、不妊手術をしたり、連れ帰ったりしており、多くの人との共生のもと、猫達は生き延びていましたが、数年前に同浄水場に勤務してきた同警備員は、猫の存在が気にいらないという理由だけで、警戒心を持たない猫に近づき、踏み潰すという残酷な方法で恣意的にその命を踏みにじったのです。
同警備員は、『懲らしめてやろうと思い踏みつけた』と供述し、殺意を認めていませんが、目撃証言から、体長30センチ以上ある猫を、鼻や口から血が噴き出すほどの力で踏み潰したのです。大人の男性が、小さな動物をこれほどの力で踏み潰せば、死に至らしめる事は明白であり、「殺すつもりはなかった」などという供述は、到底信じるに値するものではありません。
また、動物虐待はDVや放火と同じく、快感を伴うことがあり、同警備員が動物虐待を常習的に行っている可能性も否定できません。2年ほど前には、同公園入口にて、背骨を折る事による死因(尼崎北警察署)とする猫の死体が、3日連続で10頭以上放置されるという異常な事案が発生しております。たかが猫ごときとして看過する事は、同警備員を増長させる懸念があり、更なる動物虐待事件から人間への凶悪犯罪が発生する危険性もあり、このような事件が多発する現状、我々住民の安心・安全な生活が脅かされる思いです。
「動物が命あるものであることにかんがみ、何人も、動物をみだりに殺し、傷つけ、又は苦しめることのないようにするのみでなく、人と動物の共生に配慮しつつ、その習性を考慮して適正に取り扱うようにしなければならない」という動物愛護法の基本原則に則し、尼崎市では、現在、人間と動物の共生を目指し、官民一体となって飼い主のいない猫の不妊手術活動を促進しており、その精神は広く浸透しつつある現状です。
「殺すつもりがなかった」と言えば、動物愛護法は逃れられるというような前例となる事のなきよう、本件の重大な悪影響を十分御斟酌いただき、住民の平和な市民生活の維持、同警備員の再犯防止、模倣犯・愉快犯の追随抑止のために、厳正かつ適切な審判をお願い申し上げます。


事件翌日の神戸新聞本文を転記します。

「警備員の男 猫踏み殺す」容疑で書類送検 尼崎東署
 尼崎東署は十日、猫を踏みつけて殺したとして、動物愛護法違反の疑いで、伊丹市内の警備員の男(59)を神戸地検尼崎支部に書類送検した。
 調べでは、男は2007年11月17日午後3時ごろ、尼崎市田能5の猪名川浄水場敷地内で体調約30センチの猫を踏みつけ、殺した疑い。猫の鳴き声に気付いた通行人の女性が110番した。
 男は当時、この浄水場の警備員として勤務。場内には四、五匹の猫がすみついていたらしく、「いつもふんをするので、懲らしめてやろうと思い踏みつけた。殺そうとしたわけではない」などと供述しているという。」

もちろん、各自皆さん一人一人から直接送って頂いた方が自筆プラス捺印もあり説得力があります。

しかし署名は数が必要で、お忙しい方のために「Web署名」も用意致しました。
http://www.shomei.tv/project-78.html

実名を入力して頂きますが、Web上では匿名で表示させることも可能です。

どうぞ、宜しくお願い致します。


これまでの時系列

2007年11月17日 事件発生
2008年02月15日 目撃者による告発(尼崎市東警察署受理)
2008年04月10日 書類送検

現在この事件は検察に送られていますが、
事件が山積みなので、時間がかかるのが通常のようです。

---------------------------------------------------------------------

以上


--------------------------------------------------------------------------------
| 緊急SOS | 15:35 | comments(1) | trackbacks(0) |
多摩川 台風 緊急SOS
緊急SOSです。
先日の台風で多摩川沿いにホームレスさんと住んでいた犬や猫たちが河に流されています!!

お近くの方、どうかボランティア捜索をお願いします。

詳細

支援のお願いや
更なる詳細が ぽてとさんのHPに載せられています。
ぽてとさんHP


この被害先は 数ヶ月前に私もレポートで訪れたところです。
レポートとてもたくさんのかわいい子達が暮らしていました。
心配でたまりません。

どうか 救済に行ける方はお願いします!!



| 緊急SOS | 16:48 | comments(1) | trackbacks(0) |
練馬から40匹のSOS
みかんママさんから こげんたサイトの掲示板に書き込みがありました。

転載させてもらいます
=================
現在東京は練馬区で、2Kの民間アパートの一室で
40匹ほどの猫達が悲鳴を上げています。

最初は4匹の捨て猫からでした。
所が初老のご夫婦には、避妊去勢の概念も知識もなく
たった4年間で40匹にも増えてしまったのです。

いえ本来であれば、もっと多かったと思います。
充分に満足な餌も与えられない一部の猫達は
生まれて間もない子猫を食べてしまうのです。

飼い主さんも必死で、彼らを飢えさせないよう努力をしました。
里親も探し、行政にも相談していたのです。
飼い主のご夫婦は猫たちを懸命に生かそうとしてきました。
ですがそれももう限界です。

ボランティアで現場に入られていらっしゃる方は
全て個人の方ばかりです。
団体へも相談しましたが、全く動いてもらえませんでした。
(団体さんの台所事情は、常に火の車状態ですから致し方ない事ですが…)

当然個人ですから、個人としてやって行くのは限界があります。
そこで皆様にお願いがございます。
是非この、自らすすんで渦中に飛び込んだボラさんと、ずっと助けを求めていた猫達を、ご支援頂けないでしょうか?

このご夫婦の姿は、単なるアニマルホーダーではありません。
いずれは何かしらの形で、ボランティアとして保護活動をしている者が陥るであろう、成れの果てのような気がしています。

どうかご支援をお願い致します。
詳細
http://www.geocities.jp/nerima_neko40/

===================

| 緊急SOS | 12:15 | comments(2) | trackbacks(0) |
| 1/3PAGES | >>