CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
非戦
非戦 (JUGEMレビュー »)
坂本龍一, sustainability for peace
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
こげんたちゃんの命日
こげんたちゃんの死から 15年
生きていても もう寿命を全うするお年頃です。
生まれ変わって どこかで幸せに暮らしているでしょうか?

ウェブサイトも手付かずのままで
最近は私と ドメイン会社の手違いからKogenta.com も消滅してしまいました。
躍起になって ドメイン名を取り返したいところでしたが、そういう時期に来ているかなとも思っています。
dearkogenta.com と www.tolahouse.com/sos/
は健在です。

けれど、地域猫の活動をなされている方など
未だに この事件を知ったことがきっかけで ずっと地域猫活動をやってくださっている方にも出会います。

こげんたちゃんが撒いてくれた種は確実に全国へ広がっていることを感じます。

毎年のキャンドルプレイですが、
やってくださる方は 下記を参照にしてくださいませ。

キャンドルプレイにご参加の方はこちら
http://www.tolahouse.com/sos/candle.htm

時間:日本時間 5月6日から7日に変わる零時
(就寝時間が決まっている人は この時間でなくても構いません)
方法:黙祷
黙祷(心の中でこげんたちゃんをはじめ、虐待された動物に祈りを捧げてください)
目を瞑って手を合わせて心の中で祈ってください。


時間や場所やキャンドルなど都合によって難しいこともあると思います。
心の中でそっと手を合わせてお祈りをするだけで
世界中の「こげんたちゃんが心に住む人たち」の心がこの瞬間に繋がります。

*注:くれぐれも黙祷後はすぐにキャンドルを消してください。
小学生の方は保護者の方と一緒か、もしくはキャンドルなしで黙祷をお願いいたします。

#こげんた #こげんたちゃん命日 #kogenta.com
| イベント・お知らせ | 00:25 | comments(5) | trackbacks(0) |
今年も命日がやってきます。
本当に早いもので、あれから13年です。

今年もこげんたちゃんの命日がやってきます。

私も13年の間に4匹の愛猫を虹の橋へ送りました。
何度 送ってもその度に胸がはりさけるような想いがいたしますが、
最後の瞬間まで一つでもキラキラした瞬間が増えるように、生をサポートしました。

段々と自分の虹の橋への距離が短くなり、
淋しい、淋しいという想いから
「そんなに遠くないうちに行くから 待っててね」
という想いに変わってきています。

人間、猫、ペット
自分の周りの命を一つ、ひとつ 見送ることが
生きていくことの とても大事な義務のようにも感じます。

13年の間に動物愛護法もどんどん変わり、
先日は悪徳ペットショップが法律で閉鎖になりました。

こげんたちゃんの魂は今頃 どこにいるのでしょうね、、

でも、私たちにとても大事なことを教えていってくれたことは忘れたくありません。

こげんたちゃん事件を期に出会った人々と今も繋がっています。

こげんたちゃんへの感謝をこめて 今年もお祈りしたいと思います。

キャンドルプレイにご参加の方はこちら
http://www.tolahouse.com/sos/candle.htm

時間:日本時間 5月6日から7日に変わる零時
(就寝時間が決まっている人は この時間でなくても構いません)
方法:黙祷
黙祷(心の中でこげんたちゃんをはじめ、虐待された動物に祈りを捧げてください)
目を瞑って手を合わせて心の中で祈ってください。


時間や場所やキャンドルなど都合によって難しいこともあると思います。
心の中でそっと手を合わせてお祈りをするだけで
世界中の「こげんたちゃんが心に住む人たち」の心がこの瞬間に繋がります。

*注:くれぐれも黙祷後はすぐにキャンドルを消してください。
小学生の方は保護者の方と一緒か、もしくはキャンドルなしで黙祷をお願いいたします。
JUGEMテーマ:日記・一般


| イベント・お知らせ | 05:38 | comments(1) | trackbacks(0) |
こげんたちゃんの命日
あれから12年、
本当に月日が経つのは早いものです。

段々と虹の橋のたもとで待っている犬や猫に会いに行くことが遠くない年になってきて
生と死について、考えてしまいますね。

私たちは皆、地球上の人間すべてが生きている、
誰一人として亡くなってしばらくしてから 戻ってきた方はいないわけで
どんなに科学が進んでも、医学が進んでも
死後の世界のことを知っている人はいないんですよね

ふと、もしかしたら 私たちは生きているから今、生に執着しているけれど
どうにかして生きていこうと頑張っているけれど
こちらの世界は修業なのかも知れませんよね

修業を終えたこげんたちゃんをはじめ、すべての人々が
あちらのいい場所、グッドプレイスに居ることを願っています。

こげんたちゃんの命日に毎年しているキャンドルプレイの詳細はこちらです

キャンドルでのお祈り

日々の生活に追われ、ブログを書くのもほとんど命日前のこのあたりだけになってきてしまっていますが、
我が家の猫を愛しみながら、頑張って修行の毎日を送っています。

こげんたちゃんへ想いを寄せてくださった方々も、穏やかな日々がどうか続いていることを祈っています。

mimi


| イベント・お知らせ | 03:21 | comments(5) | trackbacks(0) |
犬と猫と人間と2
JUGEMテーマ:ペット


もうご存じの方もいらっしゃると思いますが

「犬と猫と人間と2」が 6月に劇場公開されます。

こういう映画が是非 全国に広まって欲しいですね

動物たちに触れ合うことが、どんどん少なくなって行く社会、
そういった中でどうやって 命の尊さを伝えて行くのか 重要な課題です

皆さんのご協力をお願いいたします。

<(_ _)>

http://inunekoningen2.com/



やばい 予告編で すでに泣きそう。。。



| イベント・お知らせ | 23:24 | comments(1) | trackbacks(0) |
こげんたちゃんへの黙祷_Voice of Animal Day
JUGEMテーマ:ペット


そろそろ こげんたちゃんへの黙祷の時間。
お水とお線香も用意します。

その前に今 知ったことなのですが、
今日 5月6日はなんと アメリカで「Voice of Animal Day」


動物たちの声の日

こげんたちゃんの命日が!?
偶然にも いつの間にかそうなっていました。

そして Dear,こげんたの続編の名前は

「君はボクの声になる」

なんだか、やっぱり 見えない運命的な力を感じます。


こげんたちゃんと そして 今生で声が届かなかった動物たちが
近い将来にもう一度 生まれ変わる時は、人間たちの笑いと微笑みに囲まれていますように。



Mimi

| イベント・お知らせ | 23:28 | comments(1) | trackbacks(0) |
こげんたちゃんの命日
JUGEMテーマ:ペット




2012年のあの日から 早11年も経ったのですね

今年もこげんたちゃんの命日がやってきます。
11年経って、今 思うのは
やはり、こげんたちゃんという存在は私たちに何かを教えてくれるために降りてきた猫のような気がします。

こげんたちゃんが 教えようとしてくれたのは
「命の尊さ」
そして 「命の平等さ」 でしょうか?

本当にどんな偉いと言われる人にも、道で生きている猫にも
「命は ひとつ」
欲張っても、お金でも手に入らない たった一つのもの。

そんな、単純な忘れかけてしまっていることを教えくれました。

きっと、今はどこかで生まれ変わって 今頃お腹を出して無防備に寝ていることを願います。

人間の犠牲になってしまったのは、こげんたちゃんだけではありません。

今 この時生きてこうしてブログを見ていることに感謝して
そっと 手を合わせてください。

こちらは 恒例のキャンドルプレイです

5月6日から7日にかけて行っています。

http://www.tolahouse.com/sos/candle.htm


以前から書いていますが、こげんたサイトでは 犯人を糾弾すること憎むこと、
負のエネルギーからは 何も生まれないと思っています。
こげんたちゃんが教えようとしてくれたのは、決して 復讐ではないと今も思っています。

命日の前に マザーテレサの名言の中の私の好きな言葉をひとつ

思考に気をつけなさい、それはいつか言葉になるから。
言葉に気をつけなさい、それはいつか行動になるから。
行動に気をつけなさい、それはいつか習慣になるから。
習慣に気をつけなさい、それはいつか性格になるから。
性格に気をつけなさい、それはいつか運命になるから。



一瞬、一瞬の時、そして命を一人ひとりが大切に思うことで
世界全体が 良い方向に向かっていくことを祈って・・・・


合掌



| イベント・お知らせ | 03:46 | comments(4) | trackbacks(0) |
本当になりすましサイトは信じないで
なりすましサイトの警告を前回のブログで書きましたが、
信じてしまう人もいるようなので
ご注意をお願いします。

こげんたサイトと呼ばれるサイト「Dear,こげんた」は
http://www.tolahouse.com/sos/
になります。
ブログもここだけです。
ご注意ください。

以下 スタッフAさんが返信してくれた掲示板の書き込への返信を抜粋します。
犯人実名糾弾は当サイトのポリシーとは ずれています。
偽サイトに惑わされているお友達や知り合いの方がございましたら、ぜひ警告をお願いいたします。<(_ _)>

「初めまして。
お知らせくださってありがとうございます。
もままさんの書き込みにはブログのアドレスと
ブログ管理人のHNが記されておりましたので削除させて頂きました。
どうぞご理解ください。

書き込みのブログは下のスレッド、当サイト管理人が
こげんたブログ
http://tolakun.jugem.jp
に投稿した記事を転載したものに書いている偽ブログであり、
当サイトとは一切関係ありません。
従いましてご質問のブログ記事は当サイトからの発信ではありません。

下のスレッドで当サイト管理人が
「犯人糾弾のみに焦点をあてて扇動している節があるので、心配です。こげんたサイトは、サイト誕生当時から極力犯人の実名をあげたりすることを避けています。 一人の犯人を個人攻撃しても動物虐待が減少するわけではありません。」
と書いていますが、それを何故理解して貰えないのか不思議ですし、
また私達も偽ブログ管理人=当サイト管理人と勘違いする方が居たり、
そちらの記事が当サイトからの発信と思い違いをされ非常に困惑しています。

犯人の実名を挙げ読むに耐えない激しい糾弾記事や、
コメントにも過激な言葉が多々見られます。
当サイトでは設立当時から
「憎しみは憎しみしかよばない」
「マイナスのエネルギーからはマイナスしか生まれない」
のポリシーで続けています。
“こげんたちゃんが心に住む人”が憎しみの感情に支配され、
正義と間違え個人攻撃をしているのをとても悲しく思っていますし、
また、そのような感情を持ち続けることは
動物虐待や虐待文を書く人達と同等だとも考えています。

そうした憎しみの感情や犯人糾弾・個人攻撃はこげんたちゃんの供養にはなりませんし、
却ってこげんたちゃんを悲しませるということを解って欲しいものです。」

| イベント・お知らせ | 05:55 | comments(0) | trackbacks(0) |
Dear,こげんたサイトブログはここです*偽サイトにご注意
JUGEMテーマ:ペット


一時期、色んなところで サイト内の詩や文章が一人歩き(?)してしまったことがありました。

こげんたサイトは様々な活動や学校のレポートでも使って頂きたいために
引用元 こげんたサイト http://www.tolahouse.com/sos
とさえ記載して頂ければ コピーペーストもOKですというようにしていたのですが、

最近、まるで自分が書いたかのように丸まるコピーペーストして構築されているブログを発見しました。

よく読めば、そこの管理人はこげんたサイトの管理人mimi ではないと分かりそうなのですが
コメント欄に
「あなたがあのサイトを作った人だったのですね」
等の書き込みを見て

私 クラクラ悲しい

そういったサイトに行って いちいち著作権を主張したり、
「この人は偽物ですよぉ〜〜〜」
などと書き込むのも、どうかと思われるので
ここに記載しておきます。

こげんたサイトと呼ばれるサイトは http://www.tolahouse.com/sos のみ。
そして ブログは ここ htttp://blog.kogenta.ciao.jp です。

こげんたサイトのふりをしたサイトが犯人糾弾のみに焦点をあてて扇動している節があるので、心配です。
こげんたサイトは、サイト誕生当時から極力犯人の実名をあげたりすることを避けています。

一人の犯人を個人攻撃しても動物虐待が減少するわけではありません。


怪しいサイトに惑わされてしまっているお友達や知り合いがいたら、教えてあげてくださいませ。


<(_ _)>

よろしくお願いします。

Dear,こげんたサイト管理人 mimi

| イベント・お知らせ | 07:21 | comments(1) | trackbacks(0) |
お詫び_掲示板の不具合
掲示板に不具合が生じていて表示されません。
近日中にメンテをしますので、 しばらくは こちらのブログ、またはツイッターに書き込みをお願いします。

申し訳ありません。
悲しス。
| イベント・お知らせ | 15:05 | comments(0) | trackbacks(0) |
もうすぐ10年めの命日_こげんたちゃん
2002年の5月6日
そして 今年は2012年
あれから 本当に早く10年の月日が経ちました。

私の私生活でも色々とありました。
みなさんの10年間はいかがでしたか?
愛猫を2匹看取り、虹の橋へと送り出したことは10年の間の切ない思い出です。
今でも時折、今一度 時を戻して愛猫のお腹に顔をうずめられたらと願う瞬間があります。
このブログのタイトルバーに表示されている猫は 2004年に外猫として生まれました。
その後に地域猫として避妊をボランティアの方がしてくれて公園に母猫といたのですが いじめられて追い出され、実家へ餌をもらいに来るようになりました。
そんな生活が数年つづき、地域の猫として可愛がられ
わざわざ遠くから会いに来る人もいるほどの アイドルぶりを発揮していました。
おそらく、つけられた愛称の名前は5つくらい、通っている家も5つくらいあったのではないでしょうか?

そんな平和な日々の中、昨年の2月、ネズミを退治するための殺鼠剤なのか白あり駆除の駆除剤なのか 地域猫が3匹ほど 毒により急死する事件がありました
こげんたちゃんの柄に似たこの猫は たまたま居た私に道で助けを求め そのまま、抱きかかえて動物病院に3週間の緊急入院
奇跡的な生還を遂げ、我が家の家猫の座を獲得しました。
救えなかった命と繋げることができた命
色々な想いがよぎります。
10年経った今もこのサイトを訪れ、このブログを読んでくださっている方たちとの縁も感じずにはいられません。
今 膝にいる猫を愛することが こげんたちゃんへの供養にもつながることになると思います。
こげんたちゃんの命日の日は、たくさん 今 あなたの手の中にいるもふもふを愛してあげてください。

キャンドル供養のお知らせ http://www.tolahouse.com/sos/candle.htm
| イベント・お知らせ | 14:51 | comments(4) | trackbacks(0) |
| 1/8PAGES | >>