CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< May 2019 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
非戦
非戦 (JUGEMレビュー »)
坂本龍一, sustainability for peace
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
<< セカンドチャンス!! | main | 里親さん募集 >>
大量の犬 衰弱死・死骸遺棄事件
犬50頭を10人乗りの車にすし詰めにして
10匹が衰弱死、40匹が衰弱状態。

この事件の新聞記事一覧 クリック


一体どういうことでしょう?
腹が立つというよりも呆然です。

衰弱死に至るまでは 相当の苦しみがあったはずです。

こちらで犬達の動画もみられます。
RKBのニュースです。

この二人はすでに犬の死骸を放棄した件で廃棄物処理法違反容疑で逮捕となっていますが、しっかりとした罰則が決まってほしいものです。

福岡検察庁のHP

上申書・嘆願書の郵送先

〒810-8651
福岡市中央区舞鶴2丁目5番30号

*嘆願書って?
嘆願書とは市民・国民からのお願いです
特に決まった書式はありませんので 自分の言葉で伝えてください
こちらを参考に→大阪猫虐待事件嘆願書のお願い
私 かなり頭に来ています。
この悲惨な事件にこの罰則はいかがなものかと?
======================
死骸遺棄の女 50万円罰金命令 簡裁、宮若の大量放置 しずく 2006/06/17(土)10:34 new

 福岡県宮若市内の公園に10匹の犬の死(し)骸(がい)を捨てたとして、住所不定、無職越智かをり(36)と夫正和両容疑者(28)が廃棄物処理法違反容疑で逮捕された事件で、飯塚区検は16日、かをり容疑者を同法違反の罪で飯塚簡裁に略式起訴し、正和容疑者は関与の程度が低いとして起訴猶予とした。同簡裁はかをり被告に罰金50万円の略式命令を出した。

 略式命令では、かをり被告は、大阪市で飼っていた犬約50匹をワゴン車に乗せ、夫らと実家がある宮若市まで来て、途中で死んだ10匹の死骸を捨てた。この際、公園に弱った犬を放置したなどとして、2人は動物愛護法違反(虐待と遺棄)の疑いで追送検されたが、ともに虐待は起訴猶予、遺棄については嫌疑不十分で不起訴とされた。

 一方、県鞍手保健福祉環境事務所は、公園などで保護した計43匹の犬のうち8匹を新たな飼い主に渡した。18日にも譲渡会を開くが、引き取り手がいない場合、犬を処分するという。
=2006/06/17付 西日本新聞朝刊=
(西日本新聞) - 6月17日10時7分更新
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20060617-00000026-nnp-kyu
| 動物関連事件 | 16:15 | comments(1) | trackbacks(0) |
コメント
管理者の承認待ちコメントです。
| - | 2006/12/27 9:30 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.kogenta.ciao.jp/trackback/528530
トラックバック