CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
非戦
非戦 (JUGEMレビュー »)
坂本龍一, sustainability for peace
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
<< 動物愛護推進委員募集_茨城 | main | こげんたちゃんの命日 >>
動物愛護意見募集_静岡
静岡県で動物愛護に関する意見を募集しています。

静岡では今でも動物の定点回収が行われています。
http://www.dearkogenta.com/ganba/kaishuu.htm

他の県では引き取り料を有料化することによって
致死処分の減少が数字となって現われています。
置いてあるトラックに犬猫をポンと入れるだけで簡単に行われてしまう致死処分、無責任な飼い主を助長させている原因になっているのではないでしょうか?

県民からの意見募集となっていますが、
私はあえて意見を送ろうと思っています。
この機会に是非 皆さんの意見も届けてください。
よろしくお願いします。
詳細
もう一つ 皆さんに知っていて欲しい情報は
昨年アメリカの女優がイルカ漁を止めるために日本に来ました。
そしてその模様が、色々な全米ネットワークで流されました。

イルカ神話というものが昨今では根付いています。
「他国の文化や慣習に口を出すな」
と言ってしまえばそれで終わりかも知れませんが、このイルカ問題は、対象が神話化されているイルカであるだけに非常に感情的な日本嫌悪を引き起こしつつあります。若年層の中には日本製品のボイコットという声まであがっています。特に和歌山と静岡で行われているイルカ漁が対象となっています。
捕鯨問題は以前から問題視されていましたが、どちらかといえばグリーンピース等の愛護団体関連の人の間で話題になっていました。ところが、昨年からクローズアップされているこのイルカ問題は、一般の人々の間で話題になっていて、
「日本人の好物はイルカ」という噂まで出てきています。

問題は私たち日本人でイルカ漁のことを知らない人の方が多く、そしてそれが海外で、どれだけの大きな波紋を起こしていることを知らない人の方が多いということです。
私もこの件については、勉強中ではっきりとして意見を述べることができませんが、ぜひ 皆さんにも考えていただきたいと思っています。

海外で放映された動画の一部
http://www.youtube.com/watch?v=T0YCD3Zcuw8
マットディモンがナレーターをしているバージョン

http://www.youtube.com/watch?v=uzuSULcqgxQ
| イベント・お知らせ | 12:23 | comments(10) | trackbacks(0) |
コメント
こんにちは、ヘルメ通です。

静岡の意見募集、私も読んでみようと思います(忙しいためおそくなるかもしれませんが・・・(汗))。

あと他のサイトでこんな情報がありました。

http://www.chunichi.co.jp/article/national/news/CK2008020502085289.html

つながりませんでしたら
「アルケミーレコード」で検索して、「ブログ」から、「JOJO広重BLOG」に入り、「2月5日のブログ」をご覧になって頂ければ。
よかったらご覧になって下さい。
| ヘルメ通 | 2008/02/09 10:52 AM |
送った直後でなんですが、もう締め切っていました。申し訳ないです。
確認するのが遅くて・・・。やはりまめに確認しないと駄目ですね。
| ヘルメ通 | 2008/02/09 5:58 PM |
締め切りが過ぎても市長への意見として送ってみるという手があります。
回収車が定期的に回っていて、誰でもポイと委託された民間業者の車に入れることができるそうです。
非常に怖いのは、野良猫を捕獲して入れている人もいるそうです。
「あら うちの猫が帰ってこない」
と思ったら、こういう方法ですでに致死処分になっていることも充分ありえるわけで、非常に怖いことです。

盲導犬の記事 ありがとうございます。
盲導犬として訓練するまでに、それは長い月日と人々の努力があるのに轢いた側の犬の価格10万円というのは呆れますね。。
| mimi | 2008/02/12 11:46 AM |
ご協力お願いします
犬をアートと称して 飢え死にさせてさらしものにしてる
男をとめるための協力をおねがいします。
詳しい内容はこちら
http://happy-labs.jugem.jp/?eid=243
署名フォームはこちらhttp://www.petitiononline.com/13031953/petition-sign.html?
| 庭師 | 2008/02/13 12:21 AM |
ありがとうございます。やってみようと思います。

盲導犬の件、「動物(ヒト以外)はヒトより劣る」ということなのでしょうね?彼らの言い分では。
あと結局はまたしても「お金」の問題なのでしょうね。会社にしてみればなるべく払いたくない、と。

はぁ、でもなんか命の問題(特に動物の)が殆どお金での解決で済まされるのも・・・。殺伐としているように思えるのは私だけでしょうか?無論、訓練士の方々は供養して下さっているのでしょうけど・・・。
| ヘルメ通 | 2008/02/13 8:13 PM |
静岡県の推進計画案、ざっと読みましたが、動物に付ける名札は良いと思います。が、マイクロチップには賛成できません。
ヒトの都合で動物の肉体に機会を植え込むのは、動物の体を傷つけることと同じなのではないでしょうか?
やはり思うのですが、改めるべきは「ヒトの考え方」だと思うのですが・・・。これって単なる理想でしょうか?
あとになって、必ずつけが回ってくるような気がします。
| ヘルメ通 | 2008/02/13 8:30 PM |
庭師さん、署名させて頂きました。
なんなんですか、あれ!?虐待以外のなんでもないでしょう!!?
なんか才能のない奴が、変ったことをして自己主張しようとしているようにしか見えませんでした。
もしそうだとすれば、その為に犠牲になったあの犬の魂は、報われませんよ!!!
| ヘルメ通 | 2008/02/16 8:28 PM |
「イルカ漁」について。

5年(10年?)以上前に米国出張したとき、テレビで日本の漁師がイルカを虐殺し海が血で真赤に染まっている映像を見ました。日本のテレビでは見ることのできない映像なので、小学生時代に給食でクジラを食べていた自分にとっても非常にショックを受けました。あの映像を見せられたら、反イルカ漁に参加するのも無理ありません。

その映像は、シーシェパードのHPの以下のページに出てくる写真にあります。
http://www.seashepherd.org/taiji_jp.shtml
この写真の映像がテレビで連日放送されていました。

太地漁協のホームページでは漁師からのイルカ漁に関する意見が掲載されています。一方、日本でも反捕鯨、反イルカ漁のサイトがあります。
http://www.all-creatures.org/ha/saveWhaleDolphin.html

イルカやクジラを食べてきた日本では「イルカやクジラは魚と同じ食べ物」という認識の人が多いでしょう。しかし、これらを食べ物とした習慣のない欧米人は「イルカやクジラは人間に近い哺乳類」という認識が広まっており、日本人と欧米人との意識の差は広まるばかりです。
| Toki no Kawa | 2008/02/17 12:38 PM |
はじめまして。つい先日、古本屋さんへ行きDear.こげんたの本を見つけました。恥ずかしながらはじめてこげんたちゃんの事件を知りました。動物虐待のニュースはたびたび目にしていましたが、家族間で「普通じゃないよね、何でこういうことするのかね」という会話になる程度で、自分に何かができるとはまったく思っていませんでした。今回、Dear.こげんたの本を読んで、このサイトを知り、わたしにも何かできることがあるのではないかと初めて感じました。
そして、動物虐待の話題を周囲に持ちかけたとき、初めて、虐待する可能性のある人も身近に痛んだと感じました。
虐待の話題の中で一人だけ、「猫を屋根から落としてみたことあるよ?たかが猫だよ??人間じゃない」と、別に普通でしょ?と言わんばかりに答えた人もいました。この言葉を聴くまでは、虐待する人なんて普通の精神じゃない、と思っていましたが、こんなにも身近に「たかが動物」と平気で言ってしまえる人間がいるのだと感じました。
毎日消えていく小さな命たちに、わたしができることはわずかですが、まずはこげんたちゃんのグッツ類を購入して、少しでも応援できればと考えています。
日記へのコメント欄なのに、タイトルと関係のない内容で申し訳ありません><
本を読み、Dear.こげんたのサイトを見て、どうしても応援の言葉を残したくなりました。
あまりこういうことはしたことがなく、どこかに書き込めるところがあるのかも知れませんが、わかりませんでした><
これからも、Dear.こげんたのサイトから、本やグッツなど購入させていただきます。
また、ほかにもできることがあればぜひ教えてください<(_ _)>

これからもず〜〜っと応援します!!がんばってください^^
| さくら | 2008/04/05 6:28 AM |
さくらさんへ。

私も恥ずかしながらネットで初めて事件を知った者です。そしてDear.こげんたを購入し、事件の悲惨さと、多くの人々の戦い(といってもいいと思います)の記録を知りました。そして動物虐待問題について、(わずかながらでも)力になりたいと思いました。

何が出来るかわからないけど、きっと何かが出来るはずだ、と思います。
お互いに頑張りましょう。
| ヘルメ通 | 2008/05/07 9:59 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.kogenta.ciao.jp/trackback/747478
トラックバック