CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< March 2019 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
非戦
非戦 (JUGEMレビュー »)
坂本龍一, sustainability for peace
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
<< ガス・チャンバー | main | タオルを保健所の犬たちに >>
新種の里親詐欺
アメリカでは しっぽの短い日本猫が
ジャパニーズボブテイルといって 高い値段で売られています。
ペルシャ猫が 10万円くらい、ジャパニーズボブテールは20万円ちかい金額で売られているのです。

ところ変われば品変わるで
シェルターには 日本でいうアメリカンショートヘアがあふれていて
保護活動をしている人と
「日本では アメリカンショートヘアは高いんだよ」
「じゃぁ 日本猫をこっちに送って、アメリカンショートヘアを日本に送れば みんな譲渡先がみつかって万々歳だよね」
という話をしたことがありました。

なんと ほんとにそれで商売をしてしまっている人がいるようです。

里親詐欺もこんな詐欺まで!?
とビックリしてしまいました。
http://mikanakebi.blog56.fc2.com/blog-entry-898.html

旅行に行ったり、飛行機に乗ったりすると人間も疲れますよね
体重によって 距離感が変わるらしいです
たとえば 5キロのネコだったら 私たちの9分の1くらいの重さ
そうすると 彼らは私たちが移動した距離の9倍の距離を移動した疲れを感じるそうです。
子猫が海を渡るなんて、私にしてみればとんでもない話です。

捨て猫を保護して譲渡にだしたことがある方なら
譲渡に出す時の身を切られるような淋しさと想いをご存じのはず、
本当に里親詐欺は サイテーだと思います。

あの手、この手で新たな里親詐欺が出没しています。
煩すぎるといわれても どうか 細心の注意をはらってくださいませ。

| イベント・お知らせ | 16:36 | comments(4) | trackbacks(0) |
コメント
こんばんわ、ヘルメ通です。

「ガスチャンバー」動画と、里親詐欺の件、見させて頂きました。

ブリーダーからすれば新種・流行種は儲かる(てことで例の女医師もまた「儲けたい」と・・・。)。
・・・要するに「カネ」なのね、というのが率直な気持ちです(・・・前から思っていたことでもありますが・・・)。

んでもって・・・、
捨てる飼い主からすれば動物は「処理に困った”モノ”」なわけなんですよね?

ブリーダーと、元飼い主と、
共通するのは、要するに、
「動物はモノだ」ということなんでしょうね・・・。
で、その考え方にあるベースには、
「ヒトの方が偉い」という思いがあるのでしょうね。

また、「日本には昔から新種・流行種を求める傾向があった」という事実・・・、なんか同じ日本人としてショックですし、恥ずかしいです。
日本は「和の国」なのだから、そんな傾向が無く、どんな種でもかわいがっていた、と思っていたのですが・・・。

まあ、自国の欠点・恥部も知らなくてはいけないのですが・・・(そういえば昔「犬追いもの」でしたか、殿様のやった残酷な遊びがあったのを思い出しました。日本の恥部のひとつ・・・)。

食物連鎖とか生物ピラミッドとかの法則(?)に照らせば、確かにヒトの方が上、ということになるのでしょう。

でも、ヒトとは、単なる獣ではないですよね。
慈しみ・理性を持った動物ですよね。
動物と共存できることを知っている筈だと思うのですが・・・。
(第一、食物連鎖も生物ピラミッドも、西洋的考えであって、日本のものではない筈)

まとまりがない文になってしまいました、読みずらくて申し訳ありません。

「チビ猫ちゃん」の動画で少し和みました(苦笑)。
| ヘルメ通 | 2009/06/19 11:06 PM |
お金って怖いですよね
本来はお金は生活する上で人が「お金を使う」ものなのに、いつしか「お金に使われている人間」が多くなってきている気がします。

キリスト教的な人間がピラミッドの一番上にいる考えだと、上にいるから下の者たちの面倒を見る、慈しむ。どちらかというと動物福祉の考えですよね

仏教は人の命の重さは同じ、同じ立ち位置で見る、ってことですよね。

どちらにしても、他者の命を尊重するってことは一緒ですが、他者の命を踏みにじって自らの欲を果たそうとする人間がいるのは悲しいことです。
人間の欲は際限がなくて、私はとても嫌で、怖いです。

ちび猫癒されますよねぇ
欲がない純粋な「命」です。
涙が出るくらいかわいいです。
偶然見つけたサイトですが、とてもよくできていて
救出されたかわいい子猫がたくさんいます。
こんな かわいい子たちが殺されてしまうところだったんですね
http://www.s-apn.org/index.html
| mimi | 2009/06/20 4:32 PM |
「本来はお金は生活する上で人が「お金を使う」ものなのに、いつしか「お金に使われている人間」が多くなってきている気がします。」  本当にその通りです。
本来お金は単なる「手段・道具」でしかなかったものが、今では「目的」にまでなってしまっている。
「目的と手段」の関係が逆転してしまっている気がしてなりません。

「仏教は人の命の重さは同じ、同じ立ち位置で見る、ってことですよね。」  その通りですね。
仏教では教義のひとつとして「草木成仏(そうもくじょうぶつ)」という考えがあります。

「ヒトだけでなく、動物・草木、ひいてはこの世のあらゆる存在には「仏性(ぶっしょう)、仏様のなるためのベース・種・資質のようなもの」があるのだ。だから、全ての存在は成仏出来るのだ。」

という考えです。
そういう意味では、全てのモノの命は平等に大切なものなのだ、と思います。

抹香臭い話になりました(笑)。失礼しました。

| ヘルメ通 | 2009/06/21 1:06 PM |
抹香臭い話大歓迎です
とても勉強になりますし、今そういうお話をみんなが求めている気がします。

人が人であるための当たり前の基本のこと、どうもそういったことが「お金」が先で後回しになっている時代ですから、いろんな意味で見つめなおすことが大事だと思うのです。

動物はそれを教えてくれますよね
| mimi | 2009/06/26 2:16 AM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.kogenta.ciao.jp/trackback/863196
トラックバック