CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< April 2018 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
非戦
非戦 (JUGEMレビュー »)
坂本龍一, sustainability for peace
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
<< 君はぼくの声になる | main | 名なしさんへ >>
シンポジウム【集合住宅のペット問題】
本館掲示板の方にちびらさんから 書き込みがありました。
転載させていただきます

===================

ご参加のお願い!!

≪皆様のご来場により、ペット禁止条例が回避できます!≫

シンポジウム【集合住宅のペット問題】

【日時】2009年8月1日(土) 12時半開場 13時〜16時

【場所】尼崎市総合文化センター2F アルカイックホール・ミニ
兵庫県尼崎市昭和通2-7-16
・阪神尼崎駅より徒歩5分
・JR尼崎駅よりバス10分 文化センター前下車徒歩1分

【主催】迷惑をかけないペットの飼い方を推進する会
    ホームレス猫不妊運動ネットワーク

【問合せ】TEL 06-4960-2220

【HP】http://westwind77.web.fc2.com/shinpo.htm

 昨年より、静岡県の伊東市や北海道の三笠市などの自治体が
市営(公営)住宅のペット飼育者に対し手放すか」「退去するか」の
二者択一を強行する問題が、マスコミなどを通じ伝わってきています。

そして、このたび兵庫県尼崎市でも「市営住宅におけるペット禁止条例」
が市議会に提出され審議されるみこみです。
それにともない、住民に対してはお決まりの「ペットを手放すか退去するか」
という文書が配布されています。

日本全国で3世帯に1世帯はペットを飼っているというデータがあるほど、
たくさんの方がペットと暮らすようになり、たんなるペットではなく
家族の一員という位置づけでともに生活をしています。

そんな中、集合住宅におけるごく一部の迷惑な飼い主のために、
すべての人がペットと暮らす権利を奪われるようなことを、
市民の幸せな生活を守るはずの自治体が推進していいはずがありません。

一律禁止ではなく、ペット飼養のガイドラインを整えた上で
迷惑な飼い方をなくしていく方法が、より現実的です。

当日は、条例制定に関わる市会議員の方も多数来場されます。

この問題に多くの市民が注目し、「一律ペット禁止」という
時代に逆行した条例の制定に異議を唱えているという事を、
議員の方々に理解して頂くには、
上記趣旨にご賛同頂ける多くの皆様のご来場が必要です。

*このシンポジウムは、尼崎の条例制定のみならず、全国で同様の
問題を抱えている自治体にむけての、解決策発信の場でもあります。
当日は、マスコミ各社の取材も予定しています。

<転載フリー>
*ブログやHPをお持ちの方は、転載のご協力をお願い致します。
| 緊急SOS | 17:32 | comments(2) | trackbacks(0) |
コメント
地域猫保護プロジェクト@神戸にイベント情報載っていたので、気になっていました。
参加はできないので、お言葉に甘えて、転載させていただきます。
| 猫とワイン | 2009/07/21 8:46 AM |
そうですよね。ひとりでも猫や犬が飼えるひとが増えると、不幸なこたちがへります。動物が飼えるって本当に幸運だと思います。
| ねこばば | 2009/07/24 1:46 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.kogenta.ciao.jp/trackback/877082
トラックバック