CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< March 2019 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
非戦
非戦 (JUGEMレビュー »)
坂本龍一, sustainability for peace
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
<< 山形動物愛護の会_展示会のお知らせ | main | ウーパールーパー 食べるの? >>
島根女子大生バラバラ殺人、犬虐待男が目撃される
犯罪は 「安全」といわれる場所や時間帯に関係なく起きます。
100%安全な場所も時間も実はないのです。
四方に注意をして歩くことが最大の防御です。
自分には起きないとは 思わないでください。

======以下 事件記事=======

http://news.aol.jp/news_national/story/127162/

島根女子大生バラバラ殺人、犬虐待男が目撃される
Sankei
配信: 11月11日16時22分
カテゴリー: 国内ニュース
 島根県浜田市の島根県立大1年、平岡都さん(19)のバラバラ遺体が県境に近い広島県北広島町の臥龍山で見つかった事件で、過去に平岡さんが住んでいた県立大女子寮付近で不審な男が犬にエアガンを発砲する事件があったことが分かった。県警は犯人の猟奇的な嗜好に注目しているが、「1000円高速」の影響で大都市・広島と人の往来が活発となっており、捜査対象の拡大で事件が長期化する恐れも出てきた。

 犬の銃撃事件は2005−06年冬の夜間に発生。近所の住民によると、女子寮から国道9号に向かう道すがら、軽乗用車のような小型車に乗った男が付近を歩いていた犬の前で停車した。

 目撃した男性は「車から男が降りて犬に向けてエアガンを発砲した。犬は悲鳴をあげて山の方に逃げ、撃った男もすぐに車で走り去った。若い男だったが、それ以上は暗くて分からなかった。安全な浜田市で暮らしていて、一番怖いと思った体験だった」と振り返る。

 この銃撃事件と今回の事件が直結するかは不明だが、元警視庁刑事の北芝健氏は「一般的に動物虐待と人体に対する猟奇的な嗜好はつながる。猟奇的嗜好は突然現れるというものではない。動物虐待も含め、犯人の生きてきた軌跡の中で、どこかに手がかりは残されているはず」と指摘する。

 県警の調べによると、8日に発見された平岡さんの胴体部分は、胸の部分がえぐられていた。県警は容疑者に猟奇的な嗜好があるとみて、浜田市内のレンタルDVD店に対し、ホラー映画やスプラッター映画をレンタルした顧客リストの提出を要請している。

 一方、浜田市民は「ここでバラバラ殺人が起きるなんて信じられない」と口をそろえる。遺体が発見された臥龍山は地元の人も「事件で初めて存在を知った」というほどマイナーな山だった。

 そもそも「県立大生と地元の人との交流はアルバイト先ぐらい。ほとんどの学生が、大学内で授業やゼミが一緒になったことがきっかけで結ばれる。ラブホテルも少ないので、同棲カップルが多い」(県立大生)といい、平岡さんのコミュニティーも広範囲ではなさそうだ。

 ただ、「休日の高速道路1000円均一で、広島に直結する浜田道を通って、広島と浜田市の人の行き来はさらに活発となった。これが捜査対象を拡大させるのではないか」(地元紙記者)との声も出ており、捜査の長期化も懸念されている。
| 動物関連事件 | 17:28 | comments(0) | trackbacks(0) |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.kogenta.ciao.jp/trackback/913294
トラックバック