CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
非戦
非戦 (JUGEMレビュー »)
坂本龍一, sustainability for peace
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
<< 島根女子大生バラバラ殺人、犬虐待男が目撃される | main | 里親詐欺_NHKで特集 >>
ウーパールーパー 食べるの?
先日 イルカのことで色々な意見がありました。
食についての考えは 個々それぞれの考えがあり、難しいかもしれませんが、これについては どうでしょう??

私はちょっと身ぶるいがしてしまいました。
あんなに 「かわいい!!」と一世を風靡したのに・・・

とっても嫌悪感を感じてしまうのは私だけでしょうか・・・

=========以下 記事=====
産経新聞 11月7日18時55分配信
あのウーパールーパーが食用に!? エリマキトカゲは…
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20091107-00000548-san-soci
ウーパールーパーの唐揚げ(富山県富山市の「日本生物教材研究センター」)(写真:産経新聞)
 ピンクのあどけない顔の脇に生えた真っ赤なエラ。「キモかわ(気持ち悪いがかわいい)」キャラの先駆的存在、ウーパールーパーを記憶している人は多いはず。地球外生物を思わせる容貌(ようぼう)から、「日清焼そばU.F.O.」のCMに抜擢(ばってき)され、一躍人気者となったのは昭和60年のことだ。それから、四半世紀。食品の売り上げに貢献した立役者がいま、自らが“食材”となっているとの情報を聞きつけ、養殖場に足を運んでみた−。(宮原啓彰)
■水槽にウーパールーパー8千匹
 富山県富山市の「日本生物教材研究センター」の水槽には、なんと約8千匹ものウーパールーパーが泳いでいた。
 ウーパールーパーはメキシコ原産のサンショウウオの一種で体長10〜25センチ。幼生の形態のまま成熟する特徴を持つ。野生種の減少ゆえ国際取引が規制され、日本では国内で繁殖された個体のみが流通する。
 一世を風靡(ふうび)した1980年代後半、ペットとしても人気が高まり、「1匹の卸値は7千円。市場価格で1万5千円〜2万円した」と同社の林孝之社長(67)は振り返る。
 ところが90年代に入ると需要は激減。いまは卸値で1匹600円。売り上げは最盛期の10分の1という。
■「すっぽんのアクを抜いたような味」
 そんなおり、林社長が出会ったのが、北大路魯山人の著作にあるサンショウウオの味の記述。いわく「すっぽんのアクを抜いたようなすっきりした上品な味」。富山の山間部に住む老人からも「昔はサンショウウオを食べていた」と聞き、ウーパールーパーの食用化を思いついたという。
 今年1月、地元企業の協力でさっそくウーパールーパーの乾燥食品を完成。魚の干物のようにそのまま食べることもでき、お湯で戻して空揚げや天ぷらにすることもできる。体長15センチ前後が食べごろらしい。
 そして、気になる味はというと、「歯応えがあり臭みもない。フグやアナゴに似ている。コラーゲンが含まれ滋養にもよい」(同)。
 ウーパールーパーの生態に詳しいウーパールーパー専門販売店「うぱ屋正三郎商店」代表の三浦広文さんも「メキシコでは古代から、幼少の姿のままでいるウーパールーパーを不老長寿の食材として珍重したようです」と話す。おすすめは天ぷらや春巻きなど。
■「かわいそう」との声も…
 せっかくなので、ウーパールーパーの天ぷらをご飯の上に乗せた「ウーパールーパー丼」を作ってもらった。どんぶりの中央に乗せられたウーパールーパーの姿揚げをよく見ると、天ぷらの衣からあどけない目が透けていた。
 恐る恐る食べてみると、味は鶏肉に似た感じがした。どんぶりより、おつまみとしてならいいかもしれない…。
 林社長は現在、干物の中国への輸出に向け、現地の食品会社と交渉中だ。国内からも高知や宮崎の料理店から問い合わせがある。
 だが、一方で「かわいそう」との声も寄せられることも。林社長は「これまでのようにペット用だけで採算が取れるならそれが一番だが…」と寂しげにこぼした。
 ブームを仕掛けた日清食品は人の都合で翻弄(ほんろう)されるウーパールーパーに「食用になっているとは知らなかった。びっくり」と複雑な心境を語った。
■健在だったエリマキトカゲ
 一方、ウーパールーパーと並ぶ懐かしの人気生物、エリマキトカゲはどうなっているのか。まさかカバンやベルトにはなっているのでは−。
 昭和59年、自動車CMでエリを広げ、二足歩行でさっそう大地を駆ける姿がブームとなったエリマキトカゲ。オーストラリアなどが原産で体長70センチ前後。普段はトレードマークのエリをたたんでいるが、メスへの求愛行動や敵を威嚇する際に広げられる。
 国内の数少ないエリマキトカゲの飼育施設「草津熱帯圏」(群馬県草津町)の今井敏夫園長は、エリマキトカゲを日本に初めて連れてきた人物だという。ブーム前に、パプアニューギニアで自ら捕獲した3匹を持ち帰り、繁殖にも成功している。
 ブームのころは、エリマキトカゲ見たさに、入場者は5割ほど増えたという。だが、それもわずか3カ月後には収束。「エリを広げなければ普通のトカゲですから。もちろんいつも走ってるわけでもない。いまではエリマキトカゲを見に来る人は数えるくらい。子供だと名前自体を知らない子も多い」と今井園長。
 草津熱帯圏には現在も3代目となる2匹が飼育されている。ウーパールーパーとは違って、撮影時など以外はエリを広げる機会もほとんどないほど、安息な日々を送っているようだ。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20091107-00000548-san-soci
| 雑感 mimi | 18:01 | comments(4) | trackbacks(0) |
コメント
お久しぶりです、ヘルメ通です。
「君は〜」の感想、ブログへの感想等々、書きたいことは色々あるのですが・・・。うまくまとめられてませんので、断片的になります、申し訳ないです。

「君は〜」で特に印象的だったのが119ページからのアンケート集でした。
動物虐待をする人も見た人も、それまでの過去(家庭とか)の出来事が深く関わっているのですね。読みますと「加害者もある意味被害者なのだ」という意見もわかる気がします。

でも、それ(過去の辛い経験)を、自分が他者を害するための理由にするのは・・・、
あえて、間違っているとか、おかしいとは言いません(あえて、ですよ、あくまで)、
でも、それでは「虐待の連鎖」は断ち切られないでしょう。それは154ページの「自分がされて嫌だったことは他人にはしない、と思い、虐待の鎖を断ち切った人もたくさんいるはずだ。」と、仰る通りだと思います。

私も過去にいじめに遭いました。そして、今でもその過去がフラッシュバックすることがあります、まだ抜け切れていないのです(トラブルに遭うとよく出てきます)。
今でも他人が憎いと思う部分があります(僧侶なのに、です)、むしろ人間不信の嫌いがあるかも(お寺の中は色々ありますんで(苦笑))。

でも、どこかで、私が受けた「憎しみの連鎖」を断ち切りたいと感じてもいます。
終わりにしたい、私の代で・・・。

仏教では「縁起」という考えがあります。自分の出会う縁によって、いかようにも変わるのだ、という考えです。
ここで私が鎖を断ち切れるように、自分が変わればいいのだ。そう思っています。

辛い過去をひきずる他の方たちにも、どうか「憎しみの連鎖」を断ち切れるように・・・、そして憎しみではなく喜びでその人の周りを満たせますように・・・。


まだまだ感想は色々あるのですが、またあらためて書かせて頂きます、すみません。



「外国人地方参政権」
日本の労働力を外国人に多く頼っている世相を考えての動きなのでしょうか?でも、日本のことにあーだこーだ言われる筋合いはないのでは?


「ねこカフェ」
これいいですねえ、こういうのがもっと日常的・当たり前になったらいいですよね。


「山形動物愛護の会_展示会のお知らせ」
行きたいです、が、遠いです(泣)。時間も取れないし・・・。京都付近でもやってくれないでしょうか?


「島根女子大生バラバラ殺人」
「君は〜」「dear こげんた」でも言われていた通りでしたね。やはり動物虐待は「殺人の兆候」である可能性が強いのですね。


「ウーパールーパー」
・・・正直「あきれてものが言えない」です。さんざんブームの時に使いまくって、最後は処分?(過去にそれを見て喜んでいた自分にも呆れています)
それに、そこまでして食べなくてはいけないのでしょうか?


すみません、長文でしかも雑文、申し訳ないです。またあらためて書かせて頂ければ・・・。
| ヘルメ通 | 2009/11/25 8:14 PM |
ヘルメ通さん
お久しぶりです。

以前にオノ・ヨーコさんが米国のテレビ番組に出演していた時に
「寝る前に あんまり好きじゃない、と思ってしまった人の顔を思い浮かべて、その人が今日一日も幸せでありましたように、ってお願いをして眠るの、そうすると次の朝にはその人のことをとても好きになっているの。毎日お祈りすると、周りは好きな人ばかりになるのよ」

すごいな、って思ったんです。
でも、なかなか、私はここまでまだ達していなくて、真似ができないです。(悪夢にうなされて、もっと嫌いになってそう。。)

人、人、人、難しいですよね
| mimi | 2009/11/28 4:51 AM |
ウーパールーパーって懐かしいですね。
確かに可愛いと騒いでいたのに、今は食べるなんてと思われるかもしれませんが、インドでは神の使いとされている牛をアメリカでは大量に飼育して、太らせて、食べている。
また牛や羊や豚だって感情はあるし、それぞれ人格(牛格、豚格、羊格とでも言うのでしょうか?)ある。
決して無視して良いわけでは無い。
ウーパールーパーも同じだと思います。
食は残酷で、ある生き物の犠牲の上に成り立っている。
話は変わるけど、私は宴会って好きじゃないのです。
忘年会のシーズンって帰り際に皿を見ると丸々料理が残っていたりする。牛や豚の苦しみの下に成り立っているのに。。。
生き物は他の生き物を食べないと生きていけない。
生き物なんて、そんなモノでしょうけど、だから牛や豚の苦しみを無駄にしないように感謝しながらいただかないといけない。本当に。。。
| たかゆき | 2009/12/19 12:30 PM |
確かに国によっては相当の違いがありますね
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%A3%9F%E3%81%AE%E3%82%BF%E3%83%96%E3%83%BC

私も「食べ放題」でしゃぶしゃぶや焼き肉の肉をがーーっとい入れて、ものすごい量が残っていたりするのを見ると、胸が痛みます。
あーーーぁ と思いますね

同席の人たちには
「全部 食べてね」
といえますが、隣の席にまで行って言えないところがつらいです。
| mimi | 2009/12/21 11:57 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.kogenta.ciao.jp/trackback/913298
トラックバック