CALENDAR
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< January 2019 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
非戦
非戦 (JUGEMレビュー »)
坂本龍一, sustainability for peace
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
<< 今晩のTVタックル お見逃しなく | main | Dearこげんたお知らせメール_Vol 41 >>
大阪でまた 猫虐待事件
Mixiからの転載です

===============
今年に入ってから、大阪・花博記念公園鶴見緑地にて、また動物の虐待が相次いでいるようです。
http://mytown.asahi.com/osaka/news.php?k_id=28000001002010003

こげんたちゃんのような悲劇はまだ終わっていないのですね。。


ニュースになっているのが2010年1月31日ですので、
犯人はまだ捕まっていないかと思います。

管轄の守口警察署ではご意見窓口を設けていないようですが、
http://www.info.police.pref.osaka.jp/ps/moriguchi/top.html

大阪府警察のHPからはメールフォームでご意見を送れるようです。
犯人逮捕にむけて、エールを送ってください!

http://www.police.pref.osaka.jp/09form/index.html

どうぞ宜しくお願いいたします。



また、転載なども宜しくお願いいたします。
====================

新聞の記事を是非 読んでください。
殺された猫ちゃんの生前のかわいい顔写真が載っています。
その子をかわいがっていた近隣の方の声も載っています。

残酷に弄ばれていい命なんてないのに。。。

この地域 以前から動物虐待があり、犯人も逮捕され終わったように思っていたのですが、それからも数回 同じことが起きています。
http://www.tolahouse.com/sos/oosaka/oosaka.htm

=====MyTown大阪 朝日新聞記事より======
猫虐待死、3匹
2010年01月31日
 
花博記念公園鶴見緑地(守口市・大阪市鶴見区)で今月、野良猫の虐待が立て続けに起き、3匹が息を引き取った。いずれも人なつこい猫をおびき寄せて襲ったとみられる。家族同様にかわいがってきた地域の人たちは心を痛めており、守口署は動物愛護法違反の疑いで捜査を始めた。


 「またやられてるぞ!」。26日午後6時すぎ、公園に叫び声が響いた。公園北側の広場で、ぐったりとした黒茶色の若い猫が街灯の下に置き去りにされていた。


 四肢は不自然な方向に曲がり、ヒゲが焼かれ、鼻先にロウが付着していた。骨折は7カ所あり、歯も2本抜けていた。近所の人たちが大阪市旭区の動物病院に運び込んだ。診察した獣医師坂口康祐さん(34)は「強い力でたたき付けたか、ハンマーのようなもので殴打したのか。こんなかわいそうな猫をみたのは初めて」。手術のしようもなく、安楽死させるほかなかった。


 10日前の16日午後7時すぎにも全く同じ場所で、トラ模様の猫が口から血を流し伏せているのをホームレスの男性が見つけた。弱々しい呼吸。ベンチにたたきつけられたのか、血痕が残っていた。連絡を受けて、大阪犬猫ネットワークの野上文代さん(50)が引き取ったが、間もなく死んだ。解剖の結果、頭の骨が折れ、肺から出血していたことがわかった。


 発見される約30分前、近くの主婦(63)がこの猫にえさをあげていた。つきまとって離れず、「人恋しいのかなと妙に気になり、振り向きながら帰った。まさかこんなことに……」と声を震わせた。


 さらに正月3日夜には、2件の現場から北に数百メートル離れた歩道で、散歩していた鶴見区の会社社長北村元ノ介さん(59)が歩道脇に猫の死骸(しがい)を見つけている。街灯の下で口から血を流していた。4年間可愛がってきたキジ猫「愛ちゃん」だと一目でわかった。


 愛ちゃんは北村さんの足音を聞き分け、木から下りてきては甘えた。娘が留学に行った直後、ぽっかりと空いた心のすき間を埋めてくれたという。家で飼おうとしたが、外が好きらしく、あきらめた。「ホンマにかわいくて賢い、ええ子やったのに」


 鶴見緑地では野良猫を増やさないよう、地域の有志が4年ほど前から100匹以上の猫の不妊・去勢手術を受けさせてきた。ピーク時の3分の1以下に減ったという。


 全国には、野良猫が増えて殺処分される不幸なケースを減らすために、野良猫にそうした手術をし、「地域猫」として住民が面倒を見るような取り組みもある。


 今回、そんな猫たちが狙われた。3件はいずれも街灯の下に無残な姿をさらけ出すように放置されており、同一犯の可能性もある。守口署は警戒を強めるとともに、情報提供を呼びかけるポスターを現場近くに設置する予定だ。


 園内ではこれまでにも猫の虐待死が繰り返されてきた。2005年には投げつけられるなどした猫十数匹の死体が相次いで見つかり、20代の男が逮捕された。昨年1月にはネコのしっぽをつかみ、たたきつけて殺したとして、守口市に住む京都大聴講生の男が罰金刑を受けた。男は捜査段階で「友人は次々と就職していくのに自分は不安定な身分のまま。癒やしを求めた猫に刃向かわれてかっとなった」と供述したという。


 野上さんは「安易に捨てられた猫が、それでも人を信じて近寄ったところで暴力をふるわれる。残虐な行為は凶悪犯罪の予兆であり看過できない。動物愛護の大切さを改めて訴えたい」と語り、目撃情報や公園で過ごす猫の引き取り手を募っている。
| 動物関連事件 | 19:43 | comments(8) | trackbacks(0) |
コメント
mimiさん、ご無沙汰してます。こんにちは。今mimiさんの本「君はぼくの声になる」を少しずつ読んでいます。読みながら泣けてきてしまうので、続けて読めないのです。このニュースは他の方のサイトで知りました。飼い主のいない猫が一匹でも減るように、わたしなりの貢献をしたいと思います。
| ねこばば | 2010/02/03 1:07 PM |
mimiさん、こんばんは。

記事のほう拝見しました。
なぜこんな酷い事ができるのか…
もう…胸が張り裂けそうです…
今は被害に遭ってしまった猫ちゃんの
ご冥福を祈るばかりです。

まだ犯人が捕まっていないようですし、
他の猫ちゃん達も心配ですね…
こんな事件、もう度と起きてほしくないです。
一刻も早い犯人逮捕を願うばかりです。

今日付けの記事内にリンクさせて頂きましたので
取り急ぎご連絡まで!
| YUKO | 2010/02/03 5:47 PM |
mimi、おはようございます。
この事件、転載させてください。
守口署には、地域やボランティアの方達と連携をとって、一刻も早く犯人逮捕して貰いたいです。
| 猫とワイン | 2010/02/04 6:58 AM |
ねこばばさん お久しぶりです。
本を読んでいただいているようで嬉しいかぎりです。
ありがとうございます。
是非 読後は感想を聞かせてくださいね

YUKOさん
YUKOさんのブログ拝見しました。
妊娠したかと思っていたら子宮蓄膿症で、助かった子。すごいですね。

猫とワインさん
私も転載させていただいた記事です。どんどん広めましょう。

YUKOさんと猫とワインさんも地域猫をしていらっしゃるから、この事件の痛ましさが余計に胸にささると思います。
人懐こい子を狙うなんて、本当に許せない行為です。
猫たちに苦痛を与えて命を奪っただけでなく、その猫にかかわる人たちにも悲しみと苦痛を与えて・・
トラウマになって残ると思います。

過去に何回も同じ公園で同じような酷い手口の虐待が起こっているんですよね。
パトロールとか何か抑止力になる方法はないのでしょうか。。溜息・・・
| mimi | 2010/02/05 3:08 AM |
初めてコメントさせていただきます。
捨てる人間、虐待する人間、絶対に許せません。
転載させてください。

まずは大阪府警察へメールですね。
| ぽち | 2010/02/06 11:09 PM |
ぽちさんの所から来ました。

取り合えず大阪府警と、朝日新聞にメールして来ました。
こんな悲惨な事、許す訳には行きません。
声が大きくなれば、警察も動くでしょう・・・

転記させて頂きます。
| 元気猫 | 2010/02/07 2:56 PM |
・・・また起こってしまったんですね。
自分のストレスの捌け口を、自分より弱いものにぶつける・・・。この構図は変わらないのでしょうか・・・?

それが人間の本質のひとつだというのは分かる。でもそれに埋没してたら、何のために理性とかがあるのか分らないでしょう?
そして理性的な自分に”戻る”には、色々と手段もあると思うのですが・・・。人に話すとか、何か正しいものにぶつけるとか。
そういう”受け皿”すら見つからなかったのでしょうか、犯人には?

あまり上手く書けませんでした。すみません。
| ヘルメ通 | 2010/02/08 8:12 PM |
こげんたちゃんの本を
見ていろんなサイトを
検索してここに
たどりつきました。

こげんたちゃんの事件が
あった時、私は9歳で
まったく知らなかったです

でも最近Dear.こげんたを見て
私も何かしたかったな
っと後悔しています。

だから今回の虐待の事件で
今度こそ動物のタメに
動きたいです...
| キティー | 2010/02/23 2:36 AM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.kogenta.ciao.jp/trackback/923861
トラックバック