CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< June 2018 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
非戦
非戦 (JUGEMレビュー »)
坂本龍一, sustainability for peace
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
<< 大阪でまた 猫虐待事件 | main | 「犬と猫と人間と」_上映会 今週土曜日 >>
Dearこげんたお知らせメール_Vol 41
お知らせメール Vol41を配信しました。
スパムメールにまぎれ込んでしまっている可能性もありますので
是非 ご確認くださいませ。

=====以下 お知らせメールから抜粋=========


今日は嬉しいお知らせがあります。
こげんたサイトがAmazonなどのアフィリエイトを始めたのが2004年。
わんにゃんブックスというページも作り、本を買う時は是非こちらから、と呼びかけていました。
http://www.tolahouse.com/sos/book/サイトの中でもアフィリエイトで「Dear,こげんた」が買えるようになっています。
はじめは集まった金額が1000円だったり、500円だったりと
あれ、やはりなかなかまとまった金額にはならないものんだなぁ、とショボンとしていました。
たまらないのね・・・・とあきらめていたのですが
2009年に残高をチェックすると 10万円を超えていたんです!!
えーーーーーーーー 
1クリックも数年たまると すごいことになるんですね!!

2010年1月 13万7千円です!!!!

というわけで 早速 このお金をお家のない猫たちのために役立てて頂こうとお正月にフレンズ・オヴ・アニマルズさんに行ってきました。
http://www.tolahouse.com/sos/charity/report/foa2.htm



フレンズ・オヴ・アニマルズさんは動物愛護センターから致死処分になる子たちを助けてきたNPO法人です。
寄付金は 助けられた猫たちの治療費や餌代として使われます。

そして、寄付金の一部で今回 実現するのが
あの評判の映画 「犬と猫と人間と」の自主上映会です!


みなさんの1クリックが命を助け、そして自主上映会へと広がりました!

フレンズ・オヴ・アニマルズさん主催のこの企画は映画の上映会だけでなく、
ヤマザキ動物看護短期大学の本田先生による講演、
岡田真澄さんの息子さん 岡田真善さん、そして藤田みどりさんによるスピーチなど盛りだくさんです。

Dear,こげんたの印税からチラシも提供させて頂き、協力という形で参加させて頂いています。
(こげんたスタッフからもハガキを400枚提供)
つまり「協力:Dear,こげんた」という部分はこのメールを読んでくださっている皆さんの名前ということです。



足を運べる方は是非、訪れてみてくださいませ。
http://www.foajp.com/

わんにゃんブックスも IEがどんどん新しくなる関係で、ところどころガタガタ崩れて見づらい表示になってしまっているので
またリニューアルする予定です。(がんばれ、自分・・・)
今回の残高に加え、今後もこういった1クリックが猫を助けている人たちのなれたらと思っています。
「1クリックで救える命」、すごいですよね。 今後もよろしくお願いします。
| お知らせメール | 16:43 | comments(7) | trackbacks(0) |
コメント
こんにちは。いいお話です。ちりも積もれば山となるの例でしょうか。すみません、お話の中に1クリックとありますが、どこかクリックするとお役に立てるのですか?教えて下さい。
| ねこばば | 2010/02/18 11:27 AM |
ひいっ!!ついいつもの癖で迷惑メール(ではないですが)を全削除してしまいました(泣)。ひょっとしたら紛れていたかも!でも内容はわかりましたよ〜

1クリックでも奇跡って起こるんですね!
昔ある日本のミュージシャンで、JOJO広重さんという方が言ってたのですが、
「例えばレコードを出すにしても、ほんの500枚しかリリースしなくても、出すことによって思わぬ反応が返ってくる。だから出すことによって結果が大幅に変わってくる。」
と言ってるんですね。
ささやかな行動でも、出すことによって必ずリアクションがあるのだ、ということが、今回のニュースであらためて実感されました。

私もこれを励みに頑張るぞ〜!!
| ヘルメ通 | 2010/02/18 7:34 PM |
ねこばばさん
このブログの本をクリックして本を購入したり、
http://www.tolahouse.com/sos/book/
他の本を買う場合は↑のページの真ん中くらいにある
アマゾンの検索 から欲しい本の名前を検索して購入するだけで 数十円がこげんたサイトに入ります。

その結果 数十円が積もり積もって十三万円になったんですよ!

ヘルメ通さん
1クリック 馬鹿にならないですよね
驚きました。
何かを待っているだけでは、なかなか何も起こりませんからね、些細なアクションでもしゃべることだけでも、結果が変わってくる気がします。
| mimi | 2010/02/20 9:44 PM |
こんにちは。
お久しぶりです。

先日、図書館で、こげんたちゃんの本を見かけました。

たくさんの方に読んでもらえたらいいな。

ご自身も活動で資金が必要だと思うのに、ご寄付までされているとは。

いつになるかわからないけど、またお会いできる日を楽しみにしています。

| めろでぃ | 2010/02/24 7:41 PM |
めろでぃさん
お久しぶりです。

いえいえ、今回の寄付のお金は1クリックが集まって出来た金額なんですよ
ビックリしました。
1クリックも積もれば、まとまった額になるんですねぇ

イルカのことなど、めろでぃさんのところにリンクを貼らせて頂いています。

またお会いできる日を楽しみにしています♪
| mimi | 2010/03/02 2:32 PM |
管理人様は賢明な方だと思いますので知ってらっしゃると思いますが、訪問される人にも知って欲しいのでコメントいたします。

NPOに寄付は立派な活動なのはわかりますが、
100%使われるわけではないことをご理解いただきたい。
団体によって違いますが例えばスタッフの人件費が大体4割超えます、おかしなことにスタッフはほとんどボランティアなのに、この費用はどこに行くか?事務と運営者の懐です、名目は持越し金や維持管理費にしていますが・・・
広報活動費(宣伝費)が3,4割。検索してtopに出るサイトややたら雑誌に載るNPOは特にこの傾向が強い。
残りの2割が施設運営費(賃貸、光熱費)、直接的なご飯や治療費などです。

なぜ、自分達で直接保護につながる活動をしないのでしょうか?
私は自費で野良猫の去勢手術をする活動しています。
今では地域の方の理解もあり、出費は減りましたが・・・
私は野良猫をこれ以上増やさないことが有益で継続可能な活動だと考えています。
| 猫の町 | 2010/03/07 6:44 PM |
猫の町さん
確かにそういったNPOの団体の方達がいるのは聞いています。
フレンズ・オヴ・アニマルズさんはそういった団体ではありません。収支もしっかりしていらっしゃいますし、ボランティアに来ているのは何校かの大学の学生さんたちが研修を兼ねて来ています。
広報活動もボランティアが無償でやっています。当サイトもチラシ制作やWeb制作のお手伝いをさせてもらっています。
寄付のほとんどが、施設運営費や治療費、餌代等に使われている状態です。
是非 こちらをご覧ください。
http://www.bway.name/foa/kaikei1.htm
保護、治療、譲渡といった一連の活動が実際に回っている団体です。

なぜ自分たちで保護活動をしないのか?
というご質問ですが、私は職業的に常時保護活動に参加するのは難しいので、出来る時だけ譲渡会のお手伝い等などに参加させて頂いている状況です。

保護活動をしたいけど、時間的や家庭の状況から無理という方もたくさんいらっしゃいます。
「自分は無理だから」
と全てをあきらめてしまうのではなく、猫の町さんのように実際に保護活動や不妊手術活動をなさっている方たちの力に少しでもなりたい。
フレンズ・オヴ・アニマルズさんのような方たちの力にどうしたらなれるだろう?
自分の出来ることから始めてみよう、それがこのサイトの主旨です。

実際の現場での苦労など、また よろしかったら教えてくださいませ。
こげんたサイトは 猫の町さんのような方たちの応援者になりたいと願っています。
寄付先も NPO法人のみとは限定していません。是非こちらをご覧くださいませ。
http://www.tolahouse.com/sos/charity/
| mimi | 2010/03/07 8:22 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.kogenta.ciao.jp/trackback/925940
トラックバック