CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
非戦
非戦 (JUGEMレビュー »)
坂本龍一, sustainability for peace
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
今年も命日がやってきます。
本当に早いもので、あれから13年です。

今年もこげんたちゃんの命日がやってきます。

私も13年の間に4匹の愛猫を虹の橋へ送りました。
何度 送ってもその度に胸がはりさけるような想いがいたしますが、
最後の瞬間まで一つでもキラキラした瞬間が増えるように、生をサポートしました。

段々と自分の虹の橋への距離が短くなり、
淋しい、淋しいという想いから
「そんなに遠くないうちに行くから 待っててね」
という想いに変わってきています。

人間、猫、ペット
自分の周りの命を一つ、ひとつ 見送ることが
生きていくことの とても大事な義務のようにも感じます。

13年の間に動物愛護法もどんどん変わり、
先日は悪徳ペットショップが法律で閉鎖になりました。

こげんたちゃんの魂は今頃 どこにいるのでしょうね、、

でも、私たちにとても大事なことを教えていってくれたことは忘れたくありません。

こげんたちゃん事件を期に出会った人々と今も繋がっています。

こげんたちゃんへの感謝をこめて 今年もお祈りしたいと思います。

キャンドルプレイにご参加の方はこちら
http://www.tolahouse.com/sos/candle.htm

時間:日本時間 5月6日から7日に変わる零時
(就寝時間が決まっている人は この時間でなくても構いません)
方法:黙祷
黙祷(心の中でこげんたちゃんをはじめ、虐待された動物に祈りを捧げてください)
目を瞑って手を合わせて心の中で祈ってください。


時間や場所やキャンドルなど都合によって難しいこともあると思います。
心の中でそっと手を合わせてお祈りをするだけで
世界中の「こげんたちゃんが心に住む人たち」の心がこの瞬間に繋がります。

*注:くれぐれも黙祷後はすぐにキャンドルを消してください。
小学生の方は保護者の方と一緒か、もしくはキャンドルなしで黙祷をお願いいたします。
JUGEMテーマ:日記・一般


| イベント・お知らせ | 05:38 | comments(1) | trackbacks(0) |
2014年11月25日のつぶやき
03:24
久しぶりの投稿になります http://t.co/JRnlLe6BC9 #jugem_blog
| - | 03:04 | - | - |
久しぶりの投稿になります
YouTubeの動画で これを見つけました。 日本も昔はこういう時期があったんですよね。。 そういう時期を知っているだけでも、良かったです。 以下はトルコの現在の動画のようです。 http://youtu.be/6_JTdTBNIYY 犬と猫と生き物たちとの共存。 理想ですよね 寒くなりますが、みなさま お身体に気をつけて 人と動物と 全ての命あるものが最高の生を送ることが出来ますように。。
JUGEMテーマ:ペット
| 雑感 mimi | 03:24 | comments(1) | trackbacks(0) |
2014年05月4日のつぶやき
03:21
こげんたちゃんの命日 http://t.co/yCVOL7WSJm #jugem_blog
| - | 03:03 | - | - |
こげんたちゃんの命日
あれから12年、
本当に月日が経つのは早いものです。

段々と虹の橋のたもとで待っている犬や猫に会いに行くことが遠くない年になってきて
生と死について、考えてしまいますね。

私たちは皆、地球上の人間すべてが生きている、
誰一人として亡くなってしばらくしてから 戻ってきた方はいないわけで
どんなに科学が進んでも、医学が進んでも
死後の世界のことを知っている人はいないんですよね

ふと、もしかしたら 私たちは生きているから今、生に執着しているけれど
どうにかして生きていこうと頑張っているけれど
こちらの世界は修業なのかも知れませんよね

修業を終えたこげんたちゃんをはじめ、すべての人々が
あちらのいい場所、グッドプレイスに居ることを願っています。

こげんたちゃんの命日に毎年しているキャンドルプレイの詳細はこちらです

キャンドルでのお祈り

日々の生活に追われ、ブログを書くのもほとんど命日前のこのあたりだけになってきてしまっていますが、
我が家の猫を愛しみながら、頑張って修行の毎日を送っています。

こげんたちゃんへ想いを寄せてくださった方々も、穏やかな日々がどうか続いていることを祈っています。

mimi


| イベント・お知らせ | 03:21 | comments(5) | trackbacks(0) |
<< | 2/59PAGES | >>